ジョーカー 許されざる捜査官

フジテレビのドラマ、「ジョーカー 許されざる捜査官」を毎週楽しく見ております。

堺さんありきかと思うような設定のドラマだ、と始まる前から期待度高かったけど、1話を見て、突っ込みどころは多々あれど、こういうの好きだ!と直感。
しかも始まってみれば実は単純に仕事人なドラマなだけじゃない、という。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-09-12 01:44 | ドラマ  

龍馬伝第三十六話「寺田屋騒動」

龍馬伝第三十六話『寺田屋騒動』

何も説明必要なし、大注目の寺田屋騒動。
今日も大友さんの光の演出が冴えわたる。
そして静の前半、動の後半。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-09-05 23:23 | 龍馬伝  

龍馬伝第三十五話「薩長同盟ぜよ」

龍馬伝第三十五話『薩長同盟ぜよ』

色々な人の覚悟が、形になって表れた回、その集大成が「薩長同盟」だった。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-08-29 23:49 | 龍馬伝  

龍馬伝第三十四話「侍、長次郎」

龍馬伝第三十四話『侍、長次郎』

長次郎さんの話がメインながらも、そこに龍馬の覚悟、薩長の覚悟、を織り込んだ今回。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-08-22 23:14 | 龍馬伝  

龍馬伝第三十三話「亀山社中の大仕事」

龍馬伝第三十三話『亀山社中の大仕事』

いよいよ本格的に薩長同盟に向けて龍馬たち亀山社中の働きどころ。
今回は商売、取引がキーワードだったかと。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-08-15 22:18 | 龍馬伝  

龍馬伝第三十二話「狙われた龍馬」

龍馬伝第三十二話『狙われた龍馬』

相変わらずコメディ要素と駆け引きの緊迫感が入り乱れてる。
色々笑える場面が多かったけど、一番の爆笑は、「髪の毛がにょにょにょにょにょ~ってなってる」の中岡くん(爆)思わず何回かリピートしてしまったです。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-08-08 23:44 | 龍馬伝  

小栗旬責任編集 「旬刊小栗」

本屋さんで見かけてびっくりだった雑誌。
小栗旬責任編集 「旬刊小栗」

これの、小栗君と藤原竜也くんの対談を立ち読みしたけど、面白かった。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-08-06 00:45 | 雑誌  

龍馬伝第三十一話「西郷はまだか」

龍馬伝第三十一話『西郷はまだか』

ついに薩長同盟に向けて動き出した龍馬。長崎での居場所を確保し、亀山社中を結成。
この亀山社中の描写が、まさに長崎で訪れた亀山社中記念館を思い起こさせるもので、相変わらず美術も凝っている。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-08-02 00:38 | 龍馬伝  

龍馬伝第三十話「龍馬の奇策」

龍馬伝第三十話『龍馬の奇策』

怒涛の展開第三部、先週は色々見せてたけど、今回は意外と静かな展開の中で龍馬がある答えに辿り着く。そのテーマは「枠」だったかと。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-07-27 00:24 | 龍馬伝  

龍馬伝第二十九話「新天地、長崎」

龍馬伝第二十九話『新天地、長崎』

今回から怒涛の第三部に突入、ここからがらっと様相が変わり、龍馬が「あの」龍馬になっていく。
そして第一部、第二部と同様、冒頭は明治の弥太郎。そして彼がいるのは・・・千葉道場!!お佐那様!柱の梁を巧みに利用してなかなか顔を見せてはくれないけれど、「龍馬」の名前に反応して、お佐那様が声を出す。しっとりとした大人の雰囲気で、龍馬について語るお佐那様だけど、弥太郎は「龍馬は変わってしまった」と話しだす・・・。
そして、オープニング。ごつごつした溶岩のような、マグマのような地表をかけて、龍馬に迫る。その龍馬は、第三部の龍馬。ここまでだけでも鳥肌もので、期待感がどんどん煽られる。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-07-18 22:03 | 龍馬伝  

野田MAP『ザ・キャラクター』

2010/7/17 19時開演 東京芸術劇場中劇場

野田MAP「ザ・キャラクター」観劇終わり。無言になりました。途中から胸が痛くて。良くこれを書いて、表現したなあ…。演出もスゴイ。受け止めるこちらも体力いります。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-07-18 20:37 | 演劇  

龍馬伝第二十八話「武市の夢」

龍馬伝第二十八話『武市の夢』

第2部最終回、武市さんと、以蔵の最期。
色々あるけれど、武市さんの最期を丁寧に描いたこと、その裏でひっそりと以蔵の最期が描かれたこと、そしてこれまでのダイジェストと第3部の予告編が、それだけでぐっとくる出来だったこと。
弥太郎ナレーションが効果的だった。
ここまで地道に「あの」龍馬になるまでの道程を描いてきた。多くの経験の積み重ねが、「皆が知ってる龍馬」の源。これから先は怒濤の展開になるんだ。ダイジェストだけで泣ける。今まで丁寧に積み重ねてきた「今まで描かれなかった龍馬」が既存の龍馬像に近づくのだな、と強く感じた。それでいて、龍馬伝的な「既存の龍馬像プラスアルファ」があることも歴然。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-07-12 00:42 | 龍馬伝  

龍馬伝第二十七話「龍馬の大芝居」

龍馬伝第二十七話『龍馬の大芝居』

龍馬伝的オリジナルストーリーな今回。
海軍操練所がなくなってから次に龍馬がどこへ進むのか、その合間に、土佐の武市と以蔵の末路があった。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-07-05 00:33 | 龍馬伝  

龍馬伝第二十六話「西郷吉之助」

龍馬伝第二十六話『西郷吉之助』

今日はタイトルの西郷さんがメイン、のはずなんだけど、西郷さんパートに真っ向から勝負したのが土佐パート・・・痛々しすぎる・・・。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-06-27 21:32 | 龍馬伝  

龍馬伝第二十四話「愛の蛍」

龍馬伝第二十四話『愛の蛍』

先週すっとばしたと思ってた新撰組の池田屋襲撃シーンがちゃんとあった!でも先週のあの「恐ろしさ」効果は素晴らしかったので、うまい演出だなあ~。

今週は、龍馬が亀弥太の死を乗り越える様、と、武市さんとお富さん夫妻の絆を描くのに、坂本家と岩崎家の3家の対比。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-06-14 00:26 | 龍馬伝  

龍馬伝第二十三話「池田屋へ走れ」

龍馬伝第二十三話『池田屋へ走れ』

武市さんと以蔵の捕縛を経て、新たな段階に進む龍馬伝。
今回は、龍馬たち海軍操練所のロケが活きていた!というか、神戸の龍馬パートの青空と、土佐と攘夷派の陽の当たらない様がまさにそのまま画面に表れていて、苦しい。神戸操練所のみんなは、結婚式に新しい操練所、海と空。土佐は牢の中に差し込む僅かな光、京都では暗がりの中の行燈の明かり。まさに明暗の演出。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-06-06 23:56 | 龍馬伝  

龍馬伝第二十二話「龍という女」

龍馬伝第二十二話『龍という女』

先週、武市さんが囚われ、土佐勤王党を含めた攘夷派が土佐でも、京都でも、弾圧される。今週は、以蔵の捕縛。そして、以蔵を探す龍馬が、お龍と出会う。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-05-30 23:48 | 龍馬伝  

龍馬伝第二十一話「故郷の友よ」

龍馬伝第二十一話『故郷の友よ』

号泣警報がNHKさんと福山氏から発令された今回、予告されてた箇所だけでなく、随所に涙を誘う場面が・・・。順番的に、泣、泣、泣、号泣、泣、て感じです。間にちょっぴり笑あったけど・・・。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-05-23 23:26 | 龍馬伝  

龍馬伝第二十話「収二郎、無念」

龍馬伝第二十話『収二郎、無念』

龍馬パート、弥太郎パートがそれぞれ個性的に描かれる中での、土佐勤王党の終焉に向かう武市パートが重苦しい対比を見せていた今回。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-05-16 23:23 | 龍馬伝  

龍馬伝第十九話「攘夷決行」

幕府が朝廷に約束した「5月10日の攘夷」これをきっかけに時代は動く。人の運命の流れが大きく変わっていく。そこには、散りゆく桜が舞う・・・。

More
[PR]

# by yopiko0412 | 2010-05-10 00:32 | 龍馬伝