<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

チケット争奪戦

最近にしては観劇がやけに少なかった10月は、チケット争奪戦の嵐でもありました。
ま、おかげさまで「今後の観劇予定」がずいぶん増えまし・た・・が・・・

しかし!

どうにもこうにも取れないチケットは某陪審員の舞台(号泣)

何種類の先行を使ったのか、数え切れませんが、完璧に玉砕・・・そりゃあPARCO劇場は小さいからね、と思いつつ、それにしてもこの結果は受け入れがたい。

でも、信念として、絶対に、オークションだけは使わないので。
チケットBBSもこの公演に関しては交換ばかり・・・。

一縷の望みをかけて、追加席、追加公演、当日券情報を待ちます(涙)
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-31 22:24 | 雑記  

『容疑者 室井慎次』

ものすごい興行成績になってるスピンオフ第2弾、なんと見にいった劇場では「本日限り」になってた・・・いつ公開したんだっけ??(^o^;

さて、一応前作『交渉人 真下正義』のラストで逮捕されちゃってた一片が出てたこの作品、室井さん中心、管理管揃い踏み、という噂は聞いてたけど、あんまり情報無しで観たので、踊るシリーズとしては異色に感じました。なんというか、かなり社会派的かと思いきや、人物を掘り下げまくって、心情表現が多い、ある意味私の苦手な日本映画っぽかったとも言えるかな。
ま、それでも色々おもしろかったんですけどね~。

More
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-30 20:40 | 映画  

FUKUYAMA MASAHARU 15TH ANNIVERSARY SPECIAL DVD-BOX

えーとタイトル長くて入りませんでした(笑)

正式には、『FUKUYAMA MASAHARU 15TH ANNIVERSARY SPECIAL DVD-BOX “ また逢おう! またやろうな!! ”』このタイトルは春の(春ってだいぶ前・・・)ライブツアーKAZEのラストにも出てたので、にんまり♪てか毎年このメッセージだったような記憶もありますが。

ライブ5タイトルのうち、自分が参加したのは2つだけ。なのでとても嬉しいですね~(*^^*)
しかしMCがどれだけ入っているのかが非常に気になるところ・・・。

ちなみに、予約特典の「スペシャルポスター」が、Amazonだと記載されていないのが気になります・・・割引率はいいんだけど、ポスター付いてなかったらイヤなので、同じ割引率の新星堂にしようかな、とか思いますが・・・うーん、でもユニバーサルでも「予約者全員に店頭でお渡し」で謳ってるから、大丈夫かな??
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-24 23:40 | ライブ・音楽  

『リトルショップ・オブ・ホラーズ』アフタートーク開催

アフタートーク開催がホリプロさんから発表されてますが・・・。うーん、初日と楽日のスペシャルカーテンコールとはまた違うってことですよね?

この日、出張の最終日なんですけど・・・間に合っちゃうけどさすがに、ねえ(^o^;

それにしても、色々と企画してみたり、公式サイトには「売り切れ日続出中!」なんて書いて煽ってみたり、苦戦してるんですかね?初日と楽日以外は残ってますが(笑)
ちなみに、どうにもこうにもチケットが取れない某陪審員の公演なんかもあるのになあ(涙)
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-24 00:56 | 今後の気になる舞台  

阿佐ヶ谷スパイダース『桜飛沫』2006年2月

前に水野美紀さんの舞台出演があると知って、新感線じゃなかったら大人計画?なんて色々想像してたんですが、阿佐ヶ谷スパイダースでした。

ていうか、ゲスト出演者が豪華!
水野さんの他にもじゅんさんだー猫背さんだー山本亨さんだー山内圭哉さんだーJACだーとかとか。

阿佐スパは今までも興味はあったんですが、ブラックっぽくて行けなかったんだけど・・・ラストショウもあれだったし・・・でも時代劇ってことはブラックでもある程度フィクション感が出て助けになるかも?
これを機会に阿佐スパデビューでしょうか。
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-21 14:39 | 今後の気になる舞台  

「歴史小説」の中の「史実」

月は東にさんでこの記事を読んで、書きたくなりました。

舞台の『吉原御免状』の感想をかなり読んだんですが、気になったのが、「原作は知らないけど、あの設定(吉原が傀儡子一族の城だった、傀儡子の女をかくまうためだった、徳川家康も道々の輩だったこと、など)は事実(もしくは史実)なのかなあ?」という疑問を発してる方が少なからずいたこと。

そういう感想を読むと、「原作には歴史考証の詳しいことも書いてあるけど、舞台ではそこまで表現できないから、原作を読んで欲しい」と思ったのですが。これは、「歴史小説」を原作とした舞台なのだから。でも、まず根本的なこととして、歴史小説そのものが「事実(史実)」を描いていると捉えられているとしたら、大きな間違いだなあとこちらの記事の「様々な歴史のif」という言葉を見て思ったんです。

原作を読んだ方ならわかると思いますが、隆さんは様々な文献を引用して、そこから「こういう風にも仮定できる」として、この話を紡ぎ出しています。そもそも歴史というものは、今残っている限られた書物や遺跡から得た情報をつなぎ合わせたものであり、点と点の事実に、それに合うストーリーが載せられているのではないでしょうか。

そういえば、三谷幸喜さんの幕末物の戯曲では度々「坂本竜馬と近藤勇は実は江戸で出会っていた」という設定がされています。(全作品を調べたわけではありませんが・・・)そして、どこかで読んだか見たかしたのですが、三谷さんとしては、「ある時期、この二人が同時に江戸にいたことが確認できる。それならば、当時時代を憂う若者同士、出会っていてもおかしくない」という考えがあるそうです。

歴史は、点と点の事実(と思われる資料)を元に、語られています。その点と点の間を、違った視点で、様々な要素を組み合わせて、想像力を働かせると、人によってまったく別のストーリーが生まれる、それが「歴史小説」。ただ「事実」を羅列するだけなら、歴史教科書を読むのと同じ。作家の方々の歴史考証と豊かな想像力、そして巧みな文章によって、読者である私達もその想像力を働かせることができるんじゃないかなあ。

舞台でも、小説でも、映画でも、エンターテイメントには「想像力」が必要であり、そういう刺激から逆に想像力を育てているんだな、なんてマジメに考えてみたりしました。
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-21 12:50 | 雑記  

『夢の仲蔵千本桜』

2005/10/9-17:00開演 日生劇場

観る予定ではなかったのですが、思いがけず観劇しましたが・・・これ良かったです!

松本幸四郎さん・市川染五郎さん親子による「演劇としての歌舞伎」の取り組み。以前『新・夢の仲蔵』を観た事があったのですが、当時は本当に歌舞伎もろくに観たことのない(今もまだまだですが・・・)自分にはわかりづらかったりしたのですが、同じ仲蔵を軸としたお話だけど、こちらの方がストーリー性に富み、そしてエンターテイメント性もあり、また劇中の師弟の情感にもしてやられ、ということで、空席が目立つのがもったいない、と思ってしまいました。

More
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-20 16:54 | 歌舞伎  

芸術祭十月大歌舞伎:昼の部

2005/10/2-11:00開演 歌舞伎座

初日の観劇でした。だいぶ遅れての感想なので短めに(^o^;

始めの演目は廓三番叟、三番叟の一つだそうですが、普通の三番叟を知らないのでよくわかりません・・・。でも、イヤホンガイドを聞いていると、踊りにもストーリーがあるんですね~。しかし説明されないとわかりません。

そして、今回のお目当てだった加賀見山旧錦絵の通し狂言。
こちらは玉三郎さん、菊五郎さん、菊之助の対決でしたが、三者三様の女形がそれぞれの個性を表現していて、楽しかったし、玉三郎さんと菊之助さんの泣きの演技にこちらも涙ぐんでしまいました。
玉三郎さんは耐える女性尾上、という役どころで、菊五郎さん演じる岩藤に敵対視され、そんな尾上を主人と慕うお初の菊之助さんが、岩藤に貶められて自害してしまった尾上の仇を取る、というお話。

More
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-16 19:48 | 歌舞伎  

NINAGAWA VS COCOON Vol.4『天保十二年のシェイクスピア』

NINAGAWA VS COCOON Vol.4『天保十二年のシェイクスピア』

2005/9/29-18:30開演 シアターコクーン

「こいつら、タダモノじゃない」な舞台でした、ほんとに(笑)日帰り出張の帰りに4時間観劇という自分のスケジュールに不安を感じてたんですが(汗)上演時間を苦に感じなかったです。(一部だれたところもあったけど。)
まず、なによりも、戯曲がすごい!シェイクスピア全37作全てを一本の戯曲の中に織り込んで、しかもきちんとまとまったストーリーのある作品にするなんて、すごすぎです!とはいえ、不勉強のため、当然全作品なんてわからなかったけど・・・それでも有名どころ、前に他の芝居で観たことのある戯曲、なんかがわかってただけでも、充分に楽しめました。いや、悲劇なんだけど、ほんとに「楽しんで」しまうんですよね・・・これも戯曲のもつ力だなー。
とにもかくにも、原作を読みたくなりました。そしてシェイクスピア全作品もわかればもっといいのに、と。戯曲に、詳細な解説付けたものとか作ってくれないかしら。て、もうあったらそれ読みたい。

ちなみに、ゲキ×シネSHIROHで買ったいのうえひでのり版は結局未見でしたが、これは観なくてよかったかも。やっぱり私は1回目はネタばれなしで観るのが一番いいと思うんです。近い内に、いのうえ版を観ようと思います。

More
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-12 16:59 | 演劇  

『チャーリーとチョコレート工場』

原作知らないんですがおもしろかった~♪
ファンタジックで、ブラックユーモアたっぷり、ちょっと教育的というか、道徳的というか、そんな要素もあったり、その実家族愛がテーマ。ちなみに観終わって一番のインパクトはウンパルンパ(爆)キョーレツなこわかわいいキャラでした(*^^*)

More
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-10 23:44 | 映画