福山雅治 冬の大感謝祭vol.7『僕、銀幕出身なんです、うふっ』

2004年12月31日23時開演-パシフィコ横浜

2004年の最後、そして2005年最初の日をライブで迎える、年越しライブに参加しました!大感謝祭自体は今回で4回目、年越しは去年に引き続き2回目、最近は大感謝祭しかライブしてくれないので、否応なく期待と興奮が募りました!・・・が!この12月31日は、関東地方は午前中からしんしんと雪の降るホワイト大晦日(笑)夜11時の開演に合わせてゆっくり出かけるつもりだったけど、さすがに心配だったので早めに出かけて、みなとみらいでスタンバイ。結果的には夕方から雨に変わったのですが、この雪はライブでも話題になりました(笑)




ライブは、ちょびっと遅れて始まったかな、まずはスクリーンにご挨拶の文章が。ちょっとジョークを混ぜつつ、今日のライブの構成(第1部は映像部門♪第2部がライブ☆とのこと)が紹介され、いつも通り決意の溢れたご挨拶。そしてその後、ステージ上のスクリーンに登場したのは、渡辺いっけいさん!『美女か野獣』で共演されてから、仲良くなったのでしょうね~タキシード姿で、力いっぱい、映像紹介してくれました。

映像は、キシリッシュの限定イベントでしか見られなかった、あの『Ha Ha Ha Films』!まさかここで観れるとは思ってなかったし、すっかり諦めてたので、ものすごく嬉しかったです♪ブリティッシュコメディーだということで、「わはは」と笑うのではなく、「くすっ」みたいな、細かい味のある笑いのショートフィルムズでした。さらに、今回のライブタイトルにもなっている、幻(?)のデビュー映画、『ほんの5g』からの抜粋、『ほんの1g』も流れ、20歳、肉体改造前、の若々しいお姿を堪能しました!


そして。第1部終了となり、やーっと福山さんご本人が登場。まず歌ったのはいきなりそれかー!とびっくりした『Melody』まさかそんな不意打ちがあるとは、て感じで、会場全体で踊り、歌い、なんだか嬉しかったなあ。そしてすでに時間が11時45分ということもあり、それからはまったりとトークしながら0時のカウントダウンを待つというこれまた変化球(笑)

いつものようにテレビ局をはしごし、それから紅白の結果やら、格闘技の結果やらご報告。それと、天気の情報と電車の運行状況、「電車止まってないってよ、よかったね~」みたいなことを言われたとき、客席の反応がどうも微妙~な空気で、「なんだよ?この空気は?!」と。でみんなは「帰れない~!」か「帰らない~!」(爆)かの瀬戸際な反応をして福山さんを困らせたのでした(笑)

そしてなんだかあっという間に年越しの瞬間となってしまいました。「カウントダウンライブ」とは言わないよなあ、なんて思いつつ、まあ大感謝祭なので、いいのかな。


その後は、じっくり聞かせる曲中心にライブが展開。途中途中にちゃんとノリノリの『RED×BLUE』なんかも入れてくれたし、『それがすべてさ』ではコール&レスポンス!もやってくれたし、久々の『squall』もあったし、盛りだくさんで楽しかった♪

ポイントどころはいくつかあったけど、「泣いたりしないで」を歌う前の「再生」のお話、なんだか自分の色んなことを思い出したり、なぞらえたりして、曲聴きながらちょっとだけじんわりしちゃいました。年も変わるし、また一から頑張ろうという気持ちになれたのです。


なんとなく全体的にしっとり系の雰囲気だったかな?という気が。あれはパシフィコという会場がそういう雰囲気だからかなあ?私のライブ歴は、大感謝祭歴4回、2001年がパシフィコ(しっとり)、2002年、2003年が横アリ(ノリノリ)で、あとは玉子的大決起集会in東京ドーム(ノリノリ)という非常に乏しいものなのでわかんないけど、どうも会場によって雰囲気は違ってくるんじゃないかと・・・これは来年(いや、今年か)のアリーナツアーが楽しみだぞっと☆

だって本人もラストの挨拶で「春からのツアーは、もうちょっとかっこつけた感じでやります」て言ってたしね♪


それにしてもアンコール続きまくって第10部?いや、11部?までいったのは嬉しかったけど、途中からちょっとかわいそうになってきてしまった~(汗)なんか疲れてそうだったしね・・・でもほんとに幸せな年の終わりと始めを経験させてもらいました、ありがとう。

春からのツアーにもなにがなんでも、どうにかして参加したいものです・・・チケットゲット頑張るぞ!
[PR]

by yopiko0412 | 2005-01-01 18:15 | ライブ・音楽  

<< 野田MAP『走れメルス~少女の... 三谷幸喜作・戸田恵子一人芝居『... >>