三谷幸喜作・戸田恵子一人芝居『ナニワバタフライ』

2004年12月23日19時開演-パルコ劇場

大河ドラマ『新撰組!』が終わったばかりの三谷さんが書き下ろす一人芝居、てことでめちゃくちゃ期待してました~。しかもそのたった一人の役者さんは、戸田恵子さん、こちらも大好きな役者さんなので♪

お話の題材は、ミヤコ蝶々さん。彼女の人生とか、芸とかは、実は私はあんまり知らない。知ってて観たら、それはそれで面白かったでしょうけど、知らなくて観ても、充分に楽しかったです。




舞台は固定のセット、と、その上になんと生演奏の楽器たち!木琴とか、ドラムとか、その他たくさんの楽器を、女性二人が生演奏という贅沢な舞台。あの木琴中心の柔らかい音の質感がすごく温か味があって、素敵でした。パンフレットを読んだら、『オケピ!』でオーケストラにいた方だったとか。『オケピ!』思い出したら観たくなるじゃないか・・・(爆)

戸田さんは、少女時代から晩年までの「私」をずっと一人で演じる。ちょうどつい最近市村さんの一人芝居を観たけど、同じ「一人芝居」でもやり方が違うとこうも違うのか、という印象。市村さんの一人芝居は、一人で登場人物全てを演じる、という方法。でも戸田さんの一人芝居は自分が演じてるのは一人だけ、周りにその他の登場人物がいるかのように演じる、という方法。これってどっちも高度・・・。戸田さんは、周りにいない人を観客に想像させ、その人がどんな台詞を言ったのかも、想像させる。でも、相手が言ったことを反復する、ていう方法ではないんだよね、あくまでも受け答えの、自分の部分だけを演じてるんだけど、ちゃんと会話が成り立ってるのがしっかりわかる!これは三谷さんの脚本がそうなんだろうけど、演じる人がちゃんとしてないと不可能な方法ですよね。


三谷さんは演出もしてるようで、自分で脚本書いて演出するなら色々思ったとおりにできるだろうけど、その手法はやっぱり面白い。登場しない登場人物(笑:パンフレットより)にもそれぞれ個性があることをはっきりさせて、たとえば「小さい」お父さんはとことん小さく表現する。お父さんの座ってる座布団はお人形用みたいな小ささで、戸田さんは畳から10センチくらいのところを目線にして話しかける。「大きい」師匠はこれでもかってほどデカく表現する。戸田さんが師匠のマッサージをする場面では、セットの端が頭、もう片方の端が足、て感じに。登場しない登場人物がいる場所をスポットライトで示すんだけど、それもめちゃくちゃ細いピンライトと、大きなライトを使ってる。単純だけど、視覚的にすっごくわかりやすいものでした。

あとは、衣装や小道具も面白かったな。セットの中の色んなものが、次々と衣装や小道具に変わっていく。リバーシブルの衣装の地味な裏側を浴衣に見立てて、ガムテープを帯代わりにしちゃうのはかなり意表を突かれた感じ(笑)パルコはセットを変更できないけど、変わりに小道具で楽しませてもらいました。

お話については、波瀾万丈のミヤコ蝶々さんの人生。色んな人との出会いと別れを通して芸の道を進み、人生も芸の一部な感じだったのかな。夢で、亡くなった親しい人たちに、「自分と出会えてよかったのか」と問いかけるシーンはすごく切なかった・・・いつでも強がって、自分の不安を隠して隠して生きてきた「私」、人に捨てられるのを嫌って、自分からは踏み込まなくなっていた「私」、なんだかすごく共感して涙目になってしまいました・・・。最後は、そんな自分から脱却しようとしてる姿で終わり、私も頑張らないとな、と思わせられました。
[PR]

by yopiko0412 | 2004-12-24 13:17 | 演劇  

<< 福山雅治 冬の大感謝祭vol.... 市村正親『クリスマスキャロル』 >>