市村正親『クリスマスキャロル』

2004年12月19日13時開演-ル・テアトル銀座

市村さんの一人芝居、クリスマスキャロル、有名だし、何度もやってるけど、観るのは今回が初めて。

てゆーか座席番号「3列11番」て「あ、前方、舞台に向かって左の端のほうか、まあいい席だなあ」なんて思ってたら、なんと「舞台どまん前ど真ん中」でした!!!!!こんなすごい席、もう金輪際ないんじゃないか、ていうくらいの・・・。

クリスマスキャロルのお話は、実は知りませんでした・・・あうぅ、有名なのに・・・。それで一人54役の一人芝居なんてわかるかしら?とちょっと心配もしたけど、きっと大丈夫とも思った。




もちろん大丈夫なんてもんじゃないくらい大丈夫でした!

市村さんのお芝居がすごいことはわかってるんだけど、それでも、衣装もセットもずーっと同じ(セットは、机や椅子の配置をちょっとずつ移動してるだけ)で、ちゃんとそれぞれの登場人物が想像できる、そこにはないものが想像できる、ていうのはほんとに鳥肌ものでした。パンフレットでもお話されてましたが、クラチット家の小さなやんちゃな子供たちはとってもかわいらしかったです♪

それにしても、舞台真正面、ていう席は、どんな小さな台詞、仕草も逃さず見れて、しかも飛び散る汗、唾、息遣いまでも全てが見える・・・すごい席でした。始めは、こんないい席ならたくさんの役者が出る舞台の方がお得感が高い、なんて思ったけど、いやいや、あんなに近くで群像劇見ても、全部の役者さんの全部のお芝居には目が届かないけど、逆に一人芝居だからこそ完全に、完璧に、その演者だけに集中して見れるんだ、と思います。

一人で2時間のお芝居、喋りっぱなし、動きっぱなし、しかも間に激しいダンスあり、ほんとにすばらしい舞台を観れました。来年の『デモクラシー』も楽しみにしてます、市村さん!!
[PR]

by yopiko0412 | 2004-12-20 16:31 | 演劇  

<< 三谷幸喜作・戸田恵子一人芝居『... 劇団☆新感線『SHIROH』 >>