福山雅治『冬の大感謝祭其の八』

2007/12/31-2008/1/1 23:00開演 パシフィコ横浜大ホール

奇跡的に、一般発売開始1分で繋がったTELで取れた、年越しプレミアチケット。
WOWOW放送があるから行けなくても仕方ない、と思ってはいたけど、やっぱりこれは参加できてほんとーに良かった!
ちなみに、正式には、
福山☆冬の大感謝祭其の八
働きざかりは末広がり!
だから...♪年末にもあったんだ♪
というタイトルです(笑)




3年振りの大感謝祭、今年はいっぱい働いてたからないだろう・・・と思ってたけど、過密スケジュールの中、実施してくれたことが嬉しかった。
と思ったら、恒例のオープニングご挨拶文章でしっかり見抜かれてた(笑)
でもね、ほんと、この大感謝祭を実施するために払われた、すべての尽力に感謝したい、と思います。感謝祭は、ましゃからのファンへの感謝祭だけど、参加してる私たちが、嬉しさと感謝を噛みしめることでもあるから。

CITIZENの提供で、お土産は特製時計、開演前のスクリーンにはでっかいアナログ時計、極めつけは、あの「つながる時間」ムービーの上映とオープニング楽曲。CITIZEN押し押しです☆
そして、会場のバックスクリーンにはガリレオ風に、難しい数式が羅列されていて、そして登場したましゃもガリレオ湯川風なスリムなラインのスーツ、ベスト姿♪
トークにもドラマの決め台詞があちこちちりばめられていて、ガリレオも全面押しでしたね~(*^_^*)

前半は、しっとりアレンジだったりブルージーアレンジだったりの楽曲がずらり。「無敵のキミ」なんて、あんなにも曲の印象が違うなんてー!とびっくりしました。あと、久々に「squall」を聴けたのが嬉しかった。なぜか大好きなのにあんまりライブでやらないから・・・。
23時半を過ぎて、カウントダウンモードに入ってくると、いつも通りのまったりした感じ(笑)でテレビのザッピング、することがなくなると、「どうしよっかー」なんて客席に話しかけてみたり、「歌ってー」なんて言われると「何か?オレの話は聞きたくないのか?」なんて言ってみたり、「今歌うと、ものすっごく中途半端な時間になっちゃうのよ・・・」ととほほな感じになってみたり、ああ、このアットホームな、独特の雰囲気が、ライブツアーとは違うのです。3階でも楽しい、ほっこりする感じ。
で、いきなりカウントダウン映像が映し出されると、これまたお約束の「脱いで!」もあり、ぐだぐだしたままあっという間に「HAPPY NEW YEAR!」でございました(爆)

印象的だったのは、「Gloaming way」の曲紹介とか、「moon」の曲紹介。前者は、ましゃ曰く、「大感謝祭になると、なぜか選曲に入っている曲」なんだそう。そして後者は、アメリカ横断撮影旅行の時、大自然の中に放り出されたちっぽけな自分を実感した、それを歌った歌だ、とのこと。
こういう、曲に対する感覚とか、意識とか、そういうのを感じながら聴くのも、また色んな事を想像して新しい気持ちでその曲の解釈ができたりするから不思議です。

途中、トークコーナーでは2007年の17年モノツアーでのツアー先写真を大公開!あーあのツアー、すっごく前のことのようだったけど、1年以内のことだったんだよな・・・なんて実感したり。いやでも、1年に2回もライブをやるなんて、夢のような出来事ですから(笑)
そして、1部が終了、2007年の「フルコース」な活動を振り返るVTRが流れ、またまた、1年の間に本当にフル回転で、様々な活動をしていたんだな、とびっくりする。今までの控え目露出を思うと、大丈夫?!とちょっと心配もしてみたり。まあでも、チーム福山はそういうこともちゃんとわかってディレクションしているはず、という信頼もある。

そして、衣装も変えて出てきてからは、「いつまで座ってるんですか!」という煽りと共に、「これからはギターをがんがんひきますよ!」と宣言、後半は昔の楽曲のリアレンジでエレキギターを掻き鳴らしまくり!もちろんガリレオのために初めて書き下ろしたインスト2曲も楽しそう~にフルバージョンでやってくれた。
昔の曲はもちろんライブで聴くのは初めての曲なので、これまた新鮮だし、音源で聴いてるのは昔のとんがった歌い方だけど、今の円熟した歌い方で、新しいアレンジで歌うと全然別に聞こえるから不思議です。

「それがすべてさ」から「CARNIVAL」で楽しい明るい雰囲気が充満した会場。これも結構久々じゃないかしらー?生で聴いたの♪この辺は、「明日へのマーチ」とかと一緒で前向きで明るくてこれまた一つのテーマなんだろうな、と思う歌詞です。

そして、今回のライブで私が楽しみにしていた「群青」。年を重ねるごとに、自分の中には人からはそうは見えないけれども、強い部分だけではなく、弱い部分もあって、それを昔は認められなかったけれど、今ならそれを認めることもできるんじゃないかという思いに変わってきた、という。いつのころからだろう、この種のテーマは定期的に伝えられるようになってきたなあ、と思います。
この楽曲、WBSのエンディングとして「まだ未完成」の状態から始まり、初めはイントロもなかった状態からイントロが加わり、初めて公に披露されたのは年末のMステSP。だけど、この時歌われた歌詞は、元の歌詞とは違っていた。その部分は言葉としてインパクトが強く、様々なことを喚起させてしまう言葉。ちょうど、披露の間近に、大きな出来事があったため、敢えてその部分の歌詞を変更したのだという。もちろん曲として伝えたいメッセージを損なわないような歌詞になっていたけれど、オリジナルはやはり元の歌詞。これをライブで聴く。やっぱりライブで聴けば、より一層、自分の中に歌詞が、メッセージが、入ってきて、そして曲説明の言葉も相まって、また自分自身にその言葉を掛け返してるような感じで、自分に照らし合わせてしまう。

この人は、色んな経験の中から色んなことをどんどん吸収して、またそれを自分流にして、外へ色んな形で吐き出していく、そうやって大きくなっていく人だなあ、と思います。特に最近はそういう傾向が顕著というか、そういう流れを経てきて、かなり核となる「何か」を見出してるんじゃないかな。それは、昔から多分彼の中にあったのだろうけど、それをまた成長させて、体現させていくことができるようになったのかな、と。
だから、私はこの人の放つ言葉に、メッセージに、心を揺さぶられ、自分を見つめたり、自分をいたわったり、前に進めさせたり、できるんだと思います。

さてさて、本編終了後のアンコールでは、今までのライブでの「YEAH!」や「まだまだいくやろ横浜!」「ひとつになろうや横浜!」「COME ON!」なんかを繋ぎ合せた映像で、それに合わせて観客も大盛り上がり!これは17年モノツアーの横浜最終日以降やり始めた「THANK YOU!」繋ぎ合せの変形バージョン☆「THANK YOU!」繋ぎ合せは観たかったけどDVDにも入ってなかったので残念だなーと思ってたけど、これが見られて満足デス(^o^)
そしてその流れで登場したましゃ、「もっと~!もっと~!」という煽りだから、さすが大感謝祭だけに「もっとそばにきて」かな?!と思ったらー!!!
「もっと~KISSして!!」
と来たのでもうその瞬間に「きゃー!」と叫んでいた私。
セルフカバー、やって欲しいとは思ってたけど、嬉しい嬉しい嬉しい~♪
会場もノリノリで、「KISSして」の歌詞のところは私もそっと口ずさんでた。と思っていたら、ほんとのラストの「KISSして」はなんとましゃは歌わず、会場に任せられた!!あまりのことに大きな声で歌えなかったじゃないかっ(汗)
実は開演のご挨拶文で「最後には「KISSして」と言わせてみせます」と宣言していたましゃ。
そ、そういうことだったのか・・・やられました、ほんとに。
ぜひ、次回のライブでリベンジさせて欲しい~。

そして、次の曲は「約束の丘」。これは、17年モノツアーでは、最後の、愛媛での最終公演でだけ、アンコールに入っていたと聞き、それはましゃからファンへの「約束」の証なんだろうか、なんて思ってました。またやるよ、と。約束するよ、と。だから、この曲がアンコールのラストで、今年のライブは完結なんだ、て勝手に思ってます。
そうして長い長いライブが終わり、改めてバンドメンバーを紹介し、送り出したましゃ。
ただし、ましゃのライブは、このバンドメンバーの退場後がもはや定番。
というか、何かのインタビュー記事で、「最後は、きちんと自分一人で歌を届けたい」みたいなことを言っていたので、それがここに表れている。シンガーソングライターだからこそ、一人でも曲を届け、そしてお客さんにきちんと感謝を伝えたい、その姿勢が、このアンコール。
毎回、何が飛び出すのかわからないこのメニュー。17年モノでは「桜坂」を弾き語りという新たな一面を見せてくれた。
そして今回はまず、「お年玉」と称して、「もっとそばにきて」を!大感謝祭ならではのファンとの距離感が、「もたれていいよ~」「僕の肩に~」を待つ部分にも表れていて、ステキなお年玉でした。
さらに、こちらがメインの一人アンコール。「東京にもあったんだ」を弾き語り。年末だし、きっと全国から人々が集まっているでしょう、といって歌いだす。東京の風景が暮れて、そして明けていく様子をフルスクリーンで表現しながら。たった一人で。

自分は、東京での生活が長崎での年月を超えてしまった。自分は東京へ出てくるとき、漠然と、バンドを組んで、ギタリストになって音楽をやりたいと思っていた。けれど、ソロでデビューし、ドラマに出て、CMにも出て、今こうしてここにいる。それはまるっきり自分が思っていた姿ではないけれど、近いものにはなれている。なれていないのは、ギタリストということ。だから、今回の大感謝祭では、こうして今まで築いてきたからこそできることをしたい、ということで、ギターを弾く、ということをメインにすることができた。誰しも、想いがあり、目標があるけれど、どうしても全くその通りにはならないけれど、でも思い続けることで実現することもできるんじゃないかと思う。
自分にとって、東京に住むというのは、自分がやりたいことをやるための手段、だからいつかやりたいことをやり終わったら、またはやれなくなったら、東京にはいなくなるかもしれない、けれど今はまだやりたいことがあるから、待ってくれる人がいるから、続けていく。もっと頑張らなくないけない、と思ってる。
最後に、そんなことを話してくれた。
そうして、ましゃは会場の端から端までありがとうを、感謝しています、という言葉をいっぱいに伝えて、帰って行きました。
もちろん、スクリーンには「また会おう!またやろうな!」のお馴染みの文字。
2008年は映画もあるし、きっとまたまた私たちの前に表れてくれるだろう、きっと新しい音楽も、届けてくれるだろう、と思ってます。

ちなみに、一つすっごく感動したのが、あの不思議な映像の投影。なんかプラネタリウムが半分になったような感じで、壁から天井にまで広がってる投影方法で、でも映像は壁の形にきっちり合っててぶれてない。あれはいったいどういう仕組みなんだろう~?!と思ってました。毎回、色んな技術で、新しい映像や照明を見せてくれる。そんなチーム福山にも、大感謝、です。

そうそう、今回のアレンジって、サビの部分を先に持ってくる、ていうバージョンが多かった気がします。そういうこまかいこだわりも、改めて気づくと面白いなあと思います。
あ、最後のこれは完全な蛇足です。

なにはともあれ、2007年の最後と、2008年の始まりを、最高の形で過ごすことができて、本当に幸せな年越しでした。
ありがとう。
私からも、いっぱいの、最大の、感謝を込めて。
[PR]

by yopiko0412 | 2008-01-27 18:20 | ライブ・音楽  

<< 『リア王』 吉井武道館 >>