劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り『犬顔家の一族の陰謀~金田真一耕助之介の事件です。ノート』

2007/8/19-12:30開演 サンシャイン劇場

やっと、おポンチを生で観る日が・・・(感涙)(笑)
サンシャイン劇場入ると、なんとなく、勝手に、キャラメルかと錯覚してしまう自分にびっくりしました。確かにあそこで他の観たことないかも・・・?開演前のロビーで20th Century Boxの紹介やら、阿修羅2003のDVDの宣伝やら見てたら欲しくなりました(爆)いや、阿修羅は持ってますけどね・・・てか、古い映像、よくあんなにキレイに残ってましたね!!きっと画像粗いだろう、と思ってたんですが、思ってたよりキレイなんで、心が動きました。うーん、キケンだ。

で、パンフレットはゆっくり買おうと思って、開演前にとりあえず配役表を眺めたんですが・・・この時点で、ネーミングに爆笑!私、犬神家の一族を観た事がなく、前日レンタルを見たばっかりだったので尚更面白くって面白くって☆
歌詞もちらっと眺めて「なんじゃこりゃ!」と思いつつ、メロディ知らないから元ネタ全部はわからないし、でもタイトルだけで面白かったり。あの紙1枚でどれだけ期待を煽られたか!




内容はもう二の次三の次だし、これといって語るものでもないので(笑)割愛。
でもね、DVDで『レッツゴー!忍法帖』観た時も思ったけど、くっだらないことを、いい大人が、全力で、どたばたと暴れまくりながら、ただただ笑うだけで何にも残らない(訳でもないが)無駄な3時間(古田新太弁)を作り出す、そのパワーと気概にほんとに敬服するばかり。
ほんっとに、くだらないことこの上ないんだけど、でも、演出とか照明とか映像の使い方とか、プロなんです。もちろん演技も。アナログとハイテクを惜しみなく駆使して、アナログな舞台を作ってるというか。
パンフレットも、なんか不思議な形状(書類封筒に入ってる)だなーと思ったら、金田さんのノート風パンフ(表紙は手書き風、御茶碗置いた跡みたいな汚れ仕様・笑)に、玉男のブロマイド(もちろん白黒、レトロ感満載)、そして新潮文庫ならぬ、新感線文庫(これ、かなり精巧な本気の文庫本仕様!)の3点セットが入っているという、これまたすんごい拘り様(爆)思わずそれらを連れに見せて笑ってたら、連れも「買う」と言い出しました(嬉)
※くだらないだの無駄だの書いてますが、ぜーんぶ、もちろん、いい意味で♪

というわけで、ツボなネタやら日ネタっぽいところやら、ただ並べてみます。

あ、その前に、実は初めて罰ゲーム日に当りました。しかし、カーテンコールではなく、幕間・・・。休憩になってどうしようかなーと思いながら席に座っていたら、舞台のスクリーンに映像が。上のほうに「※罰ゲーム中でぃす」なんて言葉があり、「生放送」の表示が!!あれ?と思ったら玉男くん(勝地涼くん)がロビーと思しき場所で、衣装のままの学生服で、「爽やか青春スターデビュー」なんて手書きののぼりを背に、なんか歌わされてる?!と気付いた場内の観客がみんなロビーへ・・・。ロビーはもう人でごった返し、声は聞こえるけれども姿は見えず・・・かろうじてちらっとだけ見えたのみ(涙)諦めて場内に戻ったけど、映像は音が付いてないみたいで、何言ってるのかわからない~!あぁ、でもそうか、休演日前だからですね。貴重な罰ゲームを垣間見ただけでも嬉しい☆
しかし、客演なのに、幕間扱いなんですね、勝地くん(汗)そして、何をやらかしたんだろう?それも気になる~!
んで、時間飛んでカーテンコール。何度目かのカーテンコールで、古田さんがおもむろに喋り出したのは、「えー私事ですが、いいお知らせと残念なお知らせがあります。明日、8月20日は、勝地涼くんの誕生日です。そして、8月21日は、前田悟くんの誕生日です!」というわけで、ろうそくに火がついたBDケーキがしずしずと運ばれてきて、勝地くんと前田さんが進み出る。
古「勝地くんは、いくつになるの?」
勝「今年で、21歳になります!」
わー!(拍手)
古「前田君は、いくつ?」
前「えー、今年で39歳・・・」
わー!(笑&拍手)
古「以上、いいお知らせと、残念なお知らせでした!」(笑)
大爆笑!
しっかし、勝地くんは、誕生日祝ってもらうべき日に罰ゲームまでやる羽目になっていたとは!あ、だから幕間で罰ゲームだったのかしら?(笑)

さて。そろそろ箇条書き。
・とにかく映像の使い方が秀逸!映画のオープニングをぱくったのとか、こういうところはほんとうまいなあ、いのうえさん。連れいわく、「映倫」が「絶倫」になってたらしい(爆)
・冒頭はCATS&オペラ座の怪人。これはさすがにわかった。
・他にもミュージカルネタはあったみたいだけど、あんま詳しくないんでスルー。(露天風呂は、多分エリザベートだよね、と思ったくらい。)
・この日だけのネタだったであろう、なるしー登場の台詞「俺は今、欽ちゃんと同じスピードで走っている!こんなんじゃ武道館に着けないよ!!」
・これはいつから入ったんでしょうか、同じくなるしー「誰だ?モンゴルに帰りたいとか言ってるのは!」
・日ネタでしょうね、死にそうなおじいさんじゅんさんに、モノマネ振るコーナー♪なるしー「美空ひばり」「(2個目忘れた・・・)」で、3発目は古田さん「ジョージ・ワシントン」これにはじゅんさんも初めしばらく固まり・・・やおら起き上がって英語喋り出したけど途中から日本語、しかも「第27代大統領!」ときたもんだから観客から「えー?」の声・・・じゅんさんキレて「知らんわ!」で倒れる。
・これも日ネタ?鬼が島から脱出した後の泣いた赤鬼と桃太郎チームの団欒。古田猿が木野赤鬼に無茶振り(笑)
古「赤鬼さんは、いっつもかわいい髪形してるけど、どうしてるの?」
木「これは、鬼が島に「サロン・ド・ビューティー」てお店があって、そこで」
これには桃太郎チームも大爆笑!
古「そのサロン・ド・ビューティーは誰がやってるの?」
木「そめばっちゃん。そこは、何年もやってるのに、一つしか髪型できないんだ、ロットっていうんだけど、一つしかないの」
もうこの辺から古田さんはドツボだったみたい。
木「おら、そめばっちゃんくらいしか友達いなかったから・・・」とかなんとか。
成「そめばっちゃんの話はもういいよ!」
木「おら、友達いなかったから・・・」
古「そめばっちゃんが友達だったんだろ?(笑)」
木「いや、だから、おら、ずっとひとりぼっちだったから・・・」
古「だから、そめばっちゃんはどこいった?(笑)」
成「そめばっちゃんの話はもういいよっ!!」
木「だから!おらは、芝居を戻したいだけなんだよ~!」
という悲痛な叫びでやっと芝居に戻っていった。これ毎日何かやってるでしょ?古田さん(爆)

(少し追加)
・粟根さんの目つき悪いねたは相変わらず。
・古田さん、なるしーを「役者として中途半端なんだ!!」
・じゅんさん、古田さんをこらしめて、「大阪芸大の頃からこいつだけは邪魔だった?!」みたいな感じ。
・桃太郎グループに、猪八戒風ブタが「なまかー!」(あれは仁さんかな?)猿が蹴り飛ばし、「俺ら西遊記じゃないんだ!」
・吉田先輩、湖で溺れる人たちを助ける為のバルーンアートが破裂し、古田さん(多分)がとび蹴りで舞台から捌けさせる
・湖のドタバタ後、古田さん「こういうどたばたシーンは、楽しいけど、疲れる」
・トランスフォーマー(笑)
・爽やかが売りの玉男、若干うざめ(笑)
・大地マヤは、大地真央と北島マヤか?
・聖子さん、アンジェラ・アキ
・森の中を疾走する金田さん、だんだん着物がはだけてくる(笑)
・アナウンサー池鉄、無表情、抑揚が変
・川原さん、「声が売り」らしい
・遺言状シーンですけぴよが飛ばしたキャラメルが舞台下手にぽとり。一瞬顔を見合わせ、「僕ですかね?」みたいな感じで拾う勝地爽やか玉男(笑)木野花さんが「ありがとう、玉男さん」で芝居に戻るも、拾ったキャラメルをどうしたらいいのかしばし悩む玉男。結局シャツの胸ポケットにイン。あれはハプニングなのか、ああいう芝居なのか?一度見ただけじゃ謎です。
・同じく遺言状シーン、キャラメルのあと、遺言状を切る粟根さん、切った封筒の端っこが舞台にぽとり。動じずそのままはさみで切れ端を拾い上げ、バッグにイン。隣のクドカン金田さんは気になって仕方ない様子でした(爆)

(たぶん、もうちょっと追加していきます。)
[PR]

by yopiko0412 | 2007-08-21 01:22 | 演劇  

<< 劇団☆新感線チケット救済のお願... 迷い・誘惑 >>