一言づつ

えーと、とてつもなく、観劇記録がたまってます。
そしてなんだか忙しいのか気力の問題か、ブログ滞りすぎ(^^ゞ

なので、とりあえず一言づつだけコメント。




『写楽考』
写楽の絵がインパクトあり。堤さんは情けない役がうまい。そしてふっと見せる天才肌な感じとか。圭史さんは、演技がクールすぎて感情がわかりにくかった?最後の表情をもっと見たかった。
緑子さんさすが!どこか筋が通った、でもどこか狂った、危ういん女。と、その娘、対比がすごい。人は環境なんだね(笑)七瀬さんも、翻弄されまくる女がかわいそうであり、最後正気を失ったのはある意味幸せだったのかも、とか思わせられた。西岡さんは、さすがの存在感。結局一番美味しかった人だしねぇ。そして狂言回しの高橋さん、途中笑っちゃってたけどそれも味♪

新橋演舞場『五月大歌舞伎』
昼も夜も観ました。どっちも花道かなり近く。
鳴神は染ちゃん目当て、友達は鬼平目当て。鳴神は若い上人様だったけど、ひいき目でかわいかった。頬杖の姿とか♪最後の飛び六方は花道近かったので大迫力!!
鬼平は立ち回りがなくて残念だったけど、人情ものでなかなか。でもちょっと長セリフのところは眠かったかな。
釣女は吉右衛門さんのはじけ方がすごかった(笑)メイクもすごいし、あれが鬼平だったんだよなあ、と思うと不思議(笑)
妹背山婦女庭訓は、福助さんの豹変ぶりがすごかった。それと、敢えて立役の人がやるいじわる女官、て前にもどこかで観た気がします。そういうメリハリっておもしろいなーと。で、染ちゃんの求女はなんだか感情がどうなってるんだかわかりませんが、すっきり美しかった。吉右衛門さんは唐突過ぎて説明されないとわからないのが大迫力だっただけに、残念。
法界坊は、歌舞伎らしい二重三重の企みの連鎖。だんだん頭がこんがらがってくる(笑)汚れキャラの法界坊は吉右衛門さんが旬のお笑いネタとか入れてて。こういうのは勘三郎さんとか菊五郎さんとか、あと若手がやりそうなイメージがあったから新鮮。でも最後はなぜだか凄惨な人殺しになっちゃうのね・・・野分姫かわいそうに。(また染ちゃん贔屓(^^ゞ)
で、双面ではその染ちゃんが野分姫と法界坊の霊を大熱演!
五月新橋演舞場では、歌舞伎の演目としてもバラエティに富んでたし、染ちゃんの色んなお姿も見られたし、大満足でした。

一言づつのはずが結局長め?
あと、藪原検校も観たんですが・・・これはまた今度。
映画も観たんだ、スパイダーマン3!色々突っ込みたい~!!
あとあと、WOWOWで観たましゃライブやら、雑誌関係とか。
WOWOWで観たそのほかいろんな舞台関係とか。
チラシ関係とか。
いっぱい、たまってるなあ・・・・・(大汗)
[PR]

by yopiko0412 | 2007-06-06 00:48 | 雑記  

<< ゲキ×シネ『朧の森に棲む鬼』2... 劇団四季『ライオンキング』 >>