東野圭吾『放課後』

ここのところ立て続けに読んでいる東野圭吾。せっかくだから第1作を読んでみよう、ということで、これをチョイス。

感想としては、『時生』『白夜行』なんかに比べると「うーん」という気もした、かな。なんだろう、慣れちゃったのもあるのかな?色々謎が多いし展開も早いので「どうなるんだろう?」と思いながらがんがん読んじゃったけど、最後が消化不良、てのもある。




一つは、動機。「それだけのことで!」という衝撃と「女子高生にとっては重大である」という価値観の違いを表現したかったのかとも思うけど、でもやっぱりあそこまで作りこんだ犯罪を犯すほどの説得力がない。どうせなら(ていうのも変だけど)、恵美が乱暴されてた、ていう方が「これから恵美が生きていくにはどうしても殺さなければならなかった」という台詞にリアリティが生まれる。あと、恵美はともかく、いくら後輩だからってプランを立てて共謀する強い理由が、ケイにはない。

もう一つは、最後の落ち。散々途中に奥さんの怪しさは示唆されてたし、彼にももちろん責められるべき点は多い。けどなんでそこで殺すの?離婚すりゃいーじゃん!と思ってしまう。絶対ばれるんだから・・・。
で、この落ちがもたらす読後感は、後味が悪かった・・・だって彼の死を知ったら、ケイや恵美や陽子はどれだけの喪失感を感じるか。いや、本では死んだとは書かれてないけど、状況的には私は普通にこのまま死んでしまうことを予感したから。そしてそんな彼が思ったのは「これでは妻を殺人者にしてしまう」ということだったというのが、ある意味この小説での彼の人柄の変化なんだろうな、と思った。実際彼はマシンだったけど、それなりに陽子にも理解を示し、ケイと恵美にも教師ではなく人として歩み寄っている。彼がマシンから人間になりかかったところで、この落ちはなんだか救われないような・・・。

トリックは、二重トリックなんておもしろいなーとは思ったけど、なんとなく予測できてしまうような描写も多かった。テレビでいうズーム、みたいなもんで、初めの殺人現場でケイの矢が床に散らばった、という伏線のおかげでずーっとあれが関係あると思ってたもの。マスコット矢について語りすぎなのは狙いかな?あと、一人だけ現場に残していくと大体何かやらかすよね、とも思った(笑)

そして4作読んで思ったけど、あんまり繰り返し読む、ていう種類じゃない、かと。以前から、気に入った作品は、覚えてるのにそれでも何度でも読み返す私が、実は読み返してない。『白夜行』はもしドラマを見てなかったら読み返しただろうけど、ドラマで伏線分かっちゃってたから・・・(^o^;
でもまあ他にも評判の高い作品があるので、もう少し読んでみようかなあ。
[PR]

by yopiko0412 | 2006-08-20 23:27 | 読書  

<< 『ゲド戦記』 演劇集団キャラメルボックス『雨... >>