『間違いの喜劇』

2006/2/12-13:00開演 彩の国さいたま芸術劇場大ホール

初日が開けてから、「いい!」という評判だけ目の端に入れ、わくわくして観に行ったお芝居。
もう、やっぱり、おもしろかったし、演出に驚かされたり、なるほど、と思ってしまったり、観終わった後もあれこれ、同行者と話したり、咀嚼したりする楽しみもありました。そして、咀嚼してみると、もう一度観たくもなるんだけれど・・・無理です(汗)
で、これは確かに「何も知らない」状態で観るに限るかな、と思います。もちろん、原作を読んでからの楽しみもあるとは思うけれど・・・。というわけで、以下ネタバレです。




ストーリーはこことかこことかここなど、あちこちにあります。
さいたま芸術劇場のサイトは少し高尚な感じの解説付き(笑)
まあ、要は2組の双子がお互いの存在を知らずに同じ街にいることで起こるどたばたコメディー、てことです。

色々ありますが、まず演出方面の感想を。
客席に入った途端、全面鏡張りのセットが目に飛び込んできて、「蜷川さん、鏡好きだなあ」なんて思ったり。コクーンでのマクベス(私にとっての初蜷川演出)や去年のNINAGAWA歌舞伎十二夜を思い出して。そして、舞台上のセットは、どこかの劇場を模した形で、これは去年の天保12年を思い出して。早速パンフレットをぱらぱらめくると、劇場セットについての美術担当の方のコメントもあり、鏡へのこだわりなどを読んで、セットを見る楽しみも増えた。ちなみに、「男性だけで演じる」ということに引っ掛けて、パンフレットではNINAGAWA十二夜に主演した尾上菊之介さんのインタビューもありました。このページ、歌舞伎の衣装の写真がとてもステキだった~♪

面白かったのが、舞台上に、その時役に入っていない役者さんが残って、舞台を見物しているかのように存在していたこと。あたかも、劇場で上演されている舞台の観客かのような、それでいて舞台にいるわけで、役者さんの演技を受けたり、落ちてる小道具を拾ったり、次の役に備えて着替えたり、引っ込んだり、ていう曖昧な存在感。だけど、それが私達観客と舞台との狭間を埋めているのかな、と思うと、客席からの出入り、客席に役者が降りて歩き回る、という演出を多用する蜷川さんの手法の一つだと感じて、違和感は無かったです。
しかも、この周りにいる方々も、見てると色々面白い(笑)だって、とある場面ではなぜか海パン姿の人が登場!そしてその隣に、高橋洋さんが座り込み、自分まで傍観者になっちゃって、高橋さんはその海パンの人の胸筋をつついて遊ぶ(爆)海パンの人は腕組みして、胡坐をかいた姿勢で胸筋をぴくぴく動かす、なんて訳分からないことやってて、だけどなんだかそっちがおかしくておかしくて、実は本筋の舞台中央ではなくそっちを見て笑ってるお客さんも多かったし。いや、私もその一人でしたが(笑)

効果音が生バンド、ていうかバンドというほどの大げさなものではなく、笛とか太鼓とかそういう効果音ですが、で舞台下にいたのも面白いです。役者の動きに合わせて、コミカルな音が飛び出す、役者とバンドの息が合わないといけないわけで、だからこそ、ああいう、ある意味ステレオタイプ的な音を付ける意味が膨らむのかも。あの、コミカルさを引き立たせる音無しじゃあ、面白さは減少してたかもしれない!

どこからどこまでが計算なのかわからないけれど、あれほどの台詞と動きの中で、それほどアドリブはないんだろうと思う。だけど、例えば双子の声を腹話術方式で表現している、そのことすらネタにしてしまうところとか、敢えて男性が女性役をやることによって、だからこそ笑いに転化できるネタとか、演出家と演者のアイディアがぎっしり詰まった、濃密な舞台でした。

また、えらい長いので、役者さんについては後編で・・・(^-^;
[PR]

by yopiko0412 | 2006-02-14 00:48 | 演劇  

<< 『間違いの喜劇』役者さんについて 『愛と死をみつめて』ドリカムが... >>