演劇集団キャラメルボックス『クロノス』大千秋楽

2006/01/15-14:00開演 横浜BLITZ

20周年最後の演目のニューイヤースペシャルってことで、横浜BLITZでの公演。キャラメルの初めての千秋楽が大千秋楽!
主演の方のミニインタビューがあったり、噂のキャラメルもいただいたり、千秋楽の雰囲気を楽しんできました♪




内容については割愛。2回目だったからか、私は笑うシーンも前ほど笑うことなく、と思ってたら会場全体がそんな感じだったの?みんながリピーター、てこともないだろうに、なぜでしょうか。そして、そう考えるとアドリブって少なかったのだなあ、と。

自分的泣きポイントシーンは変わらなかった。というか、それぞれの登場人物の心情や台詞の帰結するところを知っているだけに、余計にそれぞれの台詞が「ああ、この台詞があそこにつながるのか」とか思ったりして、泣き指数は上がったかも。
やっぱりね、2回目のシュートから3回目のシュートへと向かう間の、吹原と頼人とさちえの一連のシーンが好きです。そして高校生の時のエピソード。て前の記事と同じになっちゃう・・・(^-^;

さて、カーテンコール。
2回目のカーテンコールで、みなさん白い袋を持って登場。おぉ、あれがキャラメルね♪なんて思ってたら、西川さんがご説明。注意事項が面白かった。「役者さんに触れないように、それと、「他の人が良かった」て顔をしないように!」(爆)そうね、確かに私も舞台に畑中さんがいなかったからちょっと期待したけど、2階席に回られてたようでちょびっと残念だったのだけど(^o^;でも、岡田さんがやってきて、会話しちゃった☆前の方の列で、「私の担当は各列6番の方までなんです」て言ってるのが聞こえてたのでもらう気満々(私は6番だった)でいたら、私の顔を見て「お席何番ですか?」て!ついつい、満面の笑顔で「6番です~♪」と答えてた(笑)「ありがとうございます」と言いながらキャラメルを手渡してくれる岡田さんに私も「ありがとうございました」と。もうちょっと気の利いたこと言えばよかった・・・。

キャラメル配りをいち早く終えた西川さんと菅野さんがミニトーク。
菅野さんは8kgの減量が一番辛かったそうで(笑)成井さんからの至上命令だったのに、最後は「嘘ついた」ていいんですかっ!
そして一番嬉しかったのは「今、今日、終わったー!」て・・・よっぽど大変だったんでしょうね(汗)

筒井さんの3本締めで締め、かと思いきや、締まらない(笑)
その後の、菅野さんの言葉が印象的だったなあ。
「この日のチケットを買ってくれてる人はだいぶ前から買ってるわけで、だからここで今日僕たちとみなさんが会えてるのはすごいことだと思う。」
「DVDとかありますけど、僕達はあの中にはいません。僕達はここにいます。だからまた会いに来てください。」
うん、確かに、私たちは劇場で長い長い「待ち合わせ」をしてるんだよね。それこそ半年先とかの予定を入れて、その日を待ちわびてる。役者さん、スタッフの方たちも、数ヶ月前から準備して、稽古して、その待ち合わせを果たしてくれる。ほんとに、今、同じ時代にいるからこそできる「待ち合わせ」の奇跡を思い出しました。劇場に通うようになって、昔の舞台の噂を聞いたりすると、それを観れなかったのが悔しい、と思ってしまうけれど、でも逆に今この時だから出会えたこともいっぱいある。全部を選ぶことはできない、究極の偶然のたまもの、なんでしょうね。

最後は全員舞台に正座して。西川さんは「もうこれ以上何も出ません」はい、そうですか(笑)
2006年も色々楽しみにしてます、キャラメルボックス☆(賢治島~は無理だけど・・・。)
[PR]

by yopiko0412 | 2006-01-15 23:23 | 演劇  

<< NODA・MAP『贋作・罪と罰』 『白夜の女騎士』2006年5月... >>