KEN's BAR in TOKYO DOME

2005/12/20-19:00開演 東京ドーム

プレリザーブの結果見て思わず「やった!」と声を出してしまったこのチケット、ほんとこんな運がどこにあったのか・・・12人にも分けてくれればよかったのに。てそしたらきっとこっちは当たらなかったのかも(汗)
評判の高いKEN's BARが、東京ドームで1日限りの公演、ということで、初めてのKEN's BARに、スタンド席でも構わない、と期待たっぷり♪ファンクラブにも入っている友人に事前に予習すべきことを聞いたら「ほとんどカバー曲だからしなくてOK」と言われたけどそれでもいくつかCDレンタルしてきて予習もした。

実際は、結構自分の楽曲もやったなあ、というイメージ。でも有名どころが多いのと、彼の歌は曲を知らなくてもあの世界観に入っていけるので問題も無く、満員の東京ドームを椅子に座って心地よい音楽を楽しむ空間に変えてくれた。サザンのライブのあの喧騒とは真逆、でもそれが成立するから、歌の持つパワーはすごい。



第1部は本人いわく「葬式みたいな、しみったれた」・・・(唖)いや、違う、「しっとりした大人の」編成。同じコード進行で違う楽曲をつなげて歌うなんていう心憎い聴かせ方も、「音楽」してた。思いがけず、大好きな大好きな「決戦は金曜日」が入っていたのも嬉しかった♪あと、本人の楽曲でもないのに一瞬錯覚してしまいそうなくらい歌い上げていたのがサザンの「白い恋人達」上手い~桑田さんとは違うんだけど、でも平井堅の歌い方できっちり世界を作ってた。得したのは、本邦初公開の「ため息キップ」を聴けたこと。本人いわく「人生賛歌」だそうですが、じんわり心に響いてくる歌詞に浸りました。

間に休憩を挟んで、少しアップテンポな第2部は「LOVE LOVE LOVE」から。実は途中からしか聴けなかったんだけど・・・それについてはまた後ほど。第1部とは違ってポップな楽曲で編成されていて、緩急の付け方がはっきりしてていいわ。POP STARも聴けたし!踊ったし!!

アンコールは、ステージを降りて、アリーナ後方に設置してあるピアノへ。「近っ!歌いずらい!」と言いながらピアノ弾き語り、会場中、「うっとり」て聞こえてきそうな(え?)静まり返りよう。私もうっとり♪

でもあれですね、本人は「今回は曲数が多いんです」と言ってたけど、私の感覚にはそれほど多く感じなかった・・・やっぱり普段行ってるライブと比べちゃいけないのね。でも曲は少なめでも、充分満足したのでいいか~。

途中MCはあのソフトな関西弁での面白トーク。冒頭、19時開演に間に合わなかった社会人だろうか、会場中を移動する人々がうごめく様がよっぽど気になったらしく「てゆーかみんななんでそんな動いてんのー?」という問いかけがその後何回か続いたのが面白い。スタンド席からでもすごい人口大移動だったから、あれをステージから見てる人としては相当気になったんだろうなあ。
MCでよく出たネタは、東京ドーム体験談(笑)昔から観客として外タレのライブによく来ていて、自分はスタンドの一番端だったけど、端のお客さん見えてる~?と何回か問いかけてたり。隣のおばちゃん二人連れがどんなにコンサートを楽しんでいるかを観察して楽しんでたとか(爆)誰々は全部口パクだった、とか!!なんか言うたびに「WOWOWさん、ここカットでお願いします~」とカメラにお願い(笑)その内、「これじゃ全部カットだよ」と自分で突っ込みを入れてた(爆)
演出で面白かったのは、野球ネタ。東京ドームだからか、メンバー紹介は野球のスタメン紹介形式、でもバンドメンバーが少ないため5番までだったけど。で、本人登場はリリーフピッチャーが乗るあのクルマに乗って、「タッチ」の曲で(爆)アンコールに向かう時はまたクルマに乗って「思い出がいっぱい」・・・野球好きなんだねー♪
照明も、派手ではないけどすごくキレイにキレイに作ってた。ドームの丸い屋根を活かした照明もあった。

一つ、気になったのは主催者側の対応、というか、ドームスタッフ。バイトくんなのはいいよ、わかるよ、でも、途中休憩のトイレ行列くらい、安易に想定できるわけで、そのために普段の男性トイレを女性トイレに変えていたのは良い対応だけど、トイレの行列をきちんと整理することを初めから放棄していたのがなんともいえない・・・。階段に伸びたまったく進まない行列、様子を見てきてもらうと、どうやら階段の上の通路のところで、列が2系統できてしまっていたようで、どちらの列も譲らない。というより、上の通路にできた系統の人がどんどん進んでいたよう。係員は階段側に並べと言ったのに、バカをみた。並んでいる前後の知らない人々と対応の悪さで意気投合(笑)結局、列を諦めて寒い外のトイレへ並んだ方がわざわざ「あっちへ行ったほうがいい」と知らせに戻ってきてくれて、外へ走り、第2部の1曲目の途中で席へ戻った。1部終了と同時に席を立ち、席からほど近いトイレに走ったのがバカみたい。主催者側、ドームスタッフにはもう少し考えて欲しい。
あと、休憩時間が何分かもわからなかった。別のトイレに行けと説明に来る係員に何分休憩かを聞いて初めて知ったんだもの。それにしても45分間の休憩って長い・・・1部が1時間、2部も終わった時間考えると1時間強、それなら休憩なしのほうじゃいいんじゃないの?そりゃあ、ご本人の喉のための休憩なら仕方ないけれど、通常2時間3時間休憩なしのライブ・舞台なんてざらにありますから・・・。
[PR]

by yopiko0412 | 2005-12-27 16:54 | ライブ・音楽  

<< 『スケリグ~肩甲骨は翼のなごり』 中川晃教ライブ >>