『吉原御免状』2回目

2005/9/28-18:00開演 青山劇場

吉原御免状2回目は、1階席での観劇でした。私的に、2回目の方がより楽しめました。なんでだろうと思ったんですが、今回は原作を読んでいたせいで、逆に1回目は原作との違いにばかり目が行ってしまっていたところもあるな、と。で、今回はストーリーはもうわかってるので、登場人物に注目してのめりこめたんじゃないかと。あと、席も2回は照明の美しさや舞台奥まで楽しめたけど、舞台転換を上から見ているとそれはそれでそっちに目が行っちゃって(笑)セットを押してる様子や準備してる様子なんかが見えちゃってましたからね~。目線も、やはり1階から見るように作られているから、セットの奥行き感やダイナミックさを感じられたし。
てまあ結局どういう観方をするかはその時その時によりけりなのかなあ。

で、2回目の方がストーリーに入り込み感動したのもあるし、あと、台詞の伏線とかも前より色々気付けたので原作プラス中島かずきさんの味付けがよりわかりやすかったです。「人を騙すのは人だけ」「修羅になる」「誰でも心の中に鬼がいる」とか結構伏線たっぷりでよかったなあ。

気付いたこと色々と。




・冒頭、吉原の往来の場面、後の方に飴売りの格好の人が!あれは古田さんだろうなあ。
・タイトルバックの場面、あの提灯の台を運ぶ人の中に梶原善さん発見、この時も動きがちょっとコミカルでかわいい♪
・相変わらずおひょいさんは台詞が・・・(涙)吉原が恨まれる所以を説明する長台詞の最後、「じじいが死ねばいいと思ったんだけどね」ていう、前と同じところで台詞が出てこなくて、どこかからそれを教える「じじいが」ていうプロンプターの声が2回もばっちり聞こえたのはほんとにがっかり。
・堤さんの殺陣、過去の夢の中で甚内として「俺は修羅だ」と言って、家康暗殺集団と斬りあった時のあの迫力・スピード・表情が、誠一郎として、勝山を殺した後、裏柳生と斬りあった時と同じになってたのがさすが。
・誠一郎の殺陣はほんとにどんどん変わってるのがわかる。始めは流れるように美しく、しかも人を斬ってるのに純粋さが見えるのに、どんどん狂気というか、凄みを帯びていく。
・1回目の記事で書いた「堤さんがちょっとこけた」のは、ほんとにこけてたみたい(笑)だって今回はそう見えなかったから。しかしあれだけの手数をこなしてて、どこか失敗しても普通に軌道修正してしまうプロの技を垣間見えるのはやっぱり舞台の醍醐味かと☆
・過去の夢の中のシーン、おせいを追いかけてきたならず者たちと甚内たちとの戦いの場面について、1回目の観劇後に、稽古中に松雪さんが粟根さんにパンチをくらわすのが加わったとの記事を読んだので、注目。観てみたら、確かに1回目でもやってたなと思い出したけど、あのシーンができた経緯を読んだ後だとまた格別(笑)
・カーテンコールでは善さんと聖子さんが二人でノリノリで踊ってた。堤さんも途中から弾け気味だったのが嬉しい♪

2回観て、これもやっぱり新感線だな、と自分で再確認。でも、笑いのシーンに関してはもうちょっと余地があってもよかったかも、と思ったり。2回観ると、笑いが全て「計算されたもの」であることはわかりました。そうだろうなとは思ってたけど。で、計算された最小限の笑いだけでなく、もうちょっと「予期しない笑い」を入れるのはありじゃないかと。いわゆるアドリブというのは、特に舞台ではその日、その時だけのもので、その瞬間に舞台に関わる全ての人(役者・スタッフ・観客)の集中力が凝縮されると思うんです。そしてその緊張感の中の心地いい笑いが新感線の魅力でもあるわけで。去年のアカだって、かなりストイックだったけど遊びも残ってる絶妙のバランスがあったから!!
とにかく、今後のいのうえ歌舞伎がどんな変化を見せるのか、楽しみです♪次回作はこの際『かくれさと~』やればいいのに。あ、ほんとの次回作のマクベスはどっちかっていうとミュージカル寄りでしょうから、これはSHIROHの後継として期待大☆

あと、この日はDVD撮影だったようで、何台ものカメラが客席に!カメラのためにかなりの席数(しかもいい場所ばっかり!)を潰してるけど、上手際、下手際にもカメラがあったり、すごかった。カーテンコールでDVD用の何かを期待したけど何もなく残念・・・。当然このDVDも買うことは決定してます(笑)

今回は、物販でかなりの時間じーっと悩み(一人で。すごく怪しかったに違いない・・・。)『阿修羅城の瞳2003&レッツゴー!忍法帖』のデモCDを購入。ほんとはアカ・アオとかSHIROHとかすっごく欲しかったけど(だから悩んだ)、TAKIさんが歌う『夢桜』に惹かれたのでこれに決定。でももしかしたら来年(て気が早い・・・)他のも買ってそう(笑)
こちらのCD、聴いて嬉しいやらおかしいやら(爆)TAKIさんの歌は『ASHURA』から始まり計4曲、右近さんのコメントによると一発OKだったとか、さすがです!もちろん歌だけなんですが、歌ってない間奏のところでは、実際の舞台では鬼たちが彷徨ってたり人が食われてたり、その鬼を鬼御門が退治してたりして、「シャキーン」とか「ズバッ」とか音が入ってたんですが、それが自分の頭の中でまざまざと蘇って来て、DVDを観るのとはまたちょっと違った感動がありました。
そして注目の右近さんデモ部分。『花のお江戸の渡り巫女』!あの出だしが高音の、結構テンションの高いお囃子みたいな歌を、右近さんが裏声でかわいらしく(爆)歌ってまして、すっかりやられた~!あと、『愛を一太刀!鬼殺し』も、近藤さんの歌なんで男性の声なんですが、なんか面白い。なんでだろう??
でもこのCD、ほんとに歌詞がわかりやすいし音程もわかりやすいのですが、真剣にこれ聴いてる役者さんたちを想像するとそれはそれで面白かったりします。
[PR]

by yopiko0412 | 2005-10-03 14:10 | 演劇  

<< 『SHIROH』DVD ネットでチケット >>