演劇集団キャラメルボックス『スケッチブック・ボイジャー』ジェミニチーム

2005/8/18-19:30開演 サンシャイン劇場

20周年記念第3弾、ダブルキャストの片方を観てきました。相変わらずパワフルな舞台だった♪
ストーリーは、あるマンガを挟んだ、現実世界とマンガの中の世界のお話。人気漫画家のはらのところに編集者諸星が最終話の原稿を受け取りにくるが、実はマンガのストーリーを考えていたのはのはらの隣人で姉の結婚相手、望月だった。しかし新婚旅行に行った望月から、最終回のストーリーが送られてこないため、のはらは原稿をしあげることができない。諸星は「あなたが考えるんです」と言って、無理やり最終話を作っていく。のはらはそれまでの設定を無視して、登場人物たちを好き勝手に動かしていくが・・・。
そのマンガは、主人公カケルの冒険。火星から地球に「探し物」をしにきたカケルは、惑星タイタンのお姫様(今は革命で星を追われた身)に求婚され、カケルの財産を狙う海賊ジャコウとマサムネに襲われ、その海賊を追う海賊課刑事のダイゴとヤマアラシにまでも追われながら「探し物」をしていく。探し物とは、昔地球で盛んに行われていた「サッカー」というスポーツの競技場!火星で偶然見つけた古いコミックからサッカーの魅力に取り付かれたカケルは、「サッカーをやりたい」という思いで地球へやってきた。
心からの願いの図書館の館長たちとサッカー場を探すカケルだったが、のはらの物語りの中で、かわいかった姫(夕顔)は悪役キャラになり、登場人物たちはどんどん死んでいく・・・諸星は「これは登場人物へののはらの想いが投影された物語だ」と反発し、のはらと、登場人物たちのために、ステキな物語へと変更していく・・・。



こういう現実と虚構の交錯していく展開が、舞台だと一つの空間で同時に進行することができるから見せ方でいくらでも幅が広がるんですね。まさか諸星くんがマンガの世界に入っていってしまうとは思わなかったし、そして重要な役どころになるとは(笑)大内さんの諸星君が非常に楽しみな展開でした(*^^*)

前半はパワー全開猛ダッシュでこれでもかって程笑いの世界に引っ張っていきつつ、「どうなるんだ?」というわくわく感を抱かせ、最後の最後、のはらと諸星のやり取りでのはらの苦い想いを知り、それを受けた諸星が作り出す世界がまた優しさに溢れてて、最後にぎゅっとストーリーが凝縮されてる。
諸星が作った流れは、のはらのためでもあるし、マンガとしても成立させるためでもあったけど、最後の最後で、のはらは自分の想いを「苦しさ」から開放させることができたのかな、と思う。「世界中の片思いの女の子の味方!」ていう台詞が、マンガ家らしい。自分の現実を、マンガの世界に少し織り交ぜ、マンガの世界で生きることができるのがマンガ家。のはらはその手法で途中までは自分の「憎しみ」や「辛さ」を解決ようとしてたけど、気付いたんだ、マンガは「幸せ」を表現するためにあるんだって。
だから、このマンガのラストはとっても清々しいし、現実ののはらと諸星も、清々しくなったんじゃないかな。

あれ?でもなんで「自分の命に代えても、カケルの命を守れ」ていう命令があったのかよくわかんなかった・・・。あと、ヤマアラシは生き返ったの?ラストのサッカーシーンで?あれでいいのか??(笑)

あと言いたいのは、もうネタの宝庫だってこと(爆)
前説からしてアポロチームの館長さんと冒進と揚飛担当でボケるは突っ込むは小芝居するはアポロの宣伝するはだし(笑)アポロの時は、ジェミニの3人が前説なのね、楽しみ楽しみ♪

最大のネタは、日替わりキャストコーナーでしょうねー。以前のキャラメルのキャラが登場、てことで、以前の作品を知らない私で大丈夫かな?と思ったけど、キャラはわからなくてもあの空気がもう最高に面白くて!!大まかな打ち合わせしてあるといっても、かなり成り行き任せな、その場で役者さん同士が空気を読み合って作っていっている緊張感があって、何が出てくるのか、どきどきの楽しさ。

この日は二人で「いつ、どこで、だれとだれが、~~した」のシナリオに沿って即興劇をするというもの。このコーナーでの西川さんのダメっぷり(いい意味で!笑)がほんとにいい味があって・・・だって、「お金の無い大学生」の役なのに、せっかく大森さんが「お金がない」と言えるシチュエーションを作ってるのに、普通にお金出して買い物しちゃうんだもの(爆)そして平然と買えちゃった後の、舞台上の役者さんたちの「え?・・・買えたの?買えちゃったんだ?!」という問いかけで「あ!そうか・・・」と落ち込む西川さんがやたらかわいらしかったです(*^^*)そしてすぐにフォローのためにネタを振る大森さんもなんだかかわいかったなあ♪

このコーナーだけでも全部観たいと思ってしまうんだけど・・・私が知ってる数少ないキャラも登場してるしなあ。コッコちゃんが観たかった。アリマさんも観たかった(ToT)

アポロは9月の予定ですが、日替わりキャストと、自分の予定次第ではその前にどっちかのチームを観てしまいたくなるかもしれない・・・とりあえず、アポロは自分的に観たい人がたっくさんなので押さえどころをきっちり観てこようと思ってます☆
[PR]

by yopiko0412 | 2005-08-21 13:47 | 演劇  

<< ミュージックステーションとCDTV 『モーツァルト!』(役者さん編) >>