『姫が愛したダニ小僧』

2005/7/30-19:00開演 アートスフィア

大王の笑い炸裂、Piperの個人技炸裂のファンタジックストーリー、楽しい舞台でした♪
ストーリーは、亡くなった祖母の遺品を受け取りに来た孫夫婦が、老人ホームで出会った「すみれ姫」と名乗るおばあさんと、「ダニ小僧」を探しに行く。始めは懐疑的だったが、すみれ姫の言うとおり次々と登場する騎士や剣豪と共に不思議な世界を旅することになる。

最後、『Shuffle』のように微妙にブラックな要素があるんじゃないかと疑ってたんですが、きれいにきれいにハッピーエンドでしたね~。まあ途中まで「いらない、しかもだらけて眠くなる」と思っていた(汗)大王扮する浮浪者とラサール石井さん扮する自殺しに来た会社員の部分が、大王がダニ小僧探しの人々の話をし始めた時点で「ああ、そうか」とわかってしまったんですけどね。でもあの場面、どうも間延びしてた気がするんだけどな~。



お話が、というより、個々のキャラクターの個性がメインな舞台でした。Piperの5人は当然の濃さでしたが、やっぱりツボは腹筋さん!腹筋さんの一人芸の時間はあれ自体面白いのに、さらに舞台上の登場人物たちまでも「休憩タイム」にして飲み物配ってお休みモード(笑)山内さんなんか寝っころがってたし(爆)彼らが腹筋さんを見て笑ってたり、こそこそ話をしてたりするのがまた気になって、腹筋さんを見忘れてた瞬間もあったなー。あの見せ方が独特でおもしろい。

あと、鯖田院長は途中携帯壊しました(爆)電話相手だった二人は気付いてたのか謎ですが、院長はそれでも必死になって演技を続け、なんとか携帯を修復してましたけどね。携帯壊すアクシデントは『LAST SHOW』でも見たのでやけにおもしろい。壊れやすい小道具なのかしら。

そして、究極の力技は、「島ジジイ」!!なんと客席から観客の一人を舞台に引っ張り上げ、しかもその人を舞台の真ん中に一人で取り残すというとんでもない演出(爆)声は後ろから誰かがマイクで入れてたけど、島ジジイは芝居の中でもきちんと役割のある役なので、間違った動きをすると大変なんじゃないかなあ。実際何か問われて、うなずいちゃったけど、声で「今うなずいたが、実は違うんだ」とか直されてたし(汗)
ちなみに、この日の島ジジイは、カーテンコールで「ラサール石井さんの番組のプロデューサー」だと明かされてました。完全なる一般人、てわけじゃなかったみたいですけど、他の日だと本気で一般の方だったんでしょうね?それにしても、ちょうどいい位置にちょうどいい年頃の男性が必ずしも座ってないと思うんだけど、そういう時はどうしたんだろう~??

最後の「お願い」のシーンでは、あのまま「観客の皆さんのお願いを叶えてくれるかも?」ていうニュアンスで終わるのかと思ったら、きっちりすみれ姫のお願いが叶っちゃってましたね(爆)ま、あれはあれでいいですけど。

で、カーテンコールでは思いがけずユースケ・サンタマリアオンステージ(笑)を見れました。観客をスタンディングさせて、簡易ライブになってました☆

しかし、お話的には、老人ホームの問題はどうなったの?祖母が亡くなったのは注射ミスだったのに・・・と思うけど、鯖田たちが「逮捕しろ~!」で逮捕されたからそれでおしまい、なのかしら。そこらへんはすっかりほったらかしになりましたね。まあ「あー楽しかった」と済ませてしまえばいいんでしょうか~。
[PR]

by yopiko0412 | 2005-08-08 15:04 | 演劇  

<< 映画『THE有頂天ホテル』 隆慶一郎『吉原御免状』 >>