隆慶一郎『吉原御免状』

秋の新感線の舞台の原作、読み終わりました。すごく盛りだくさんな小説です。小説なんだけど、時代考証的な部分も多くて、当時の文化や、それが後世に語り継がれる中でどう変容していったのか、それはなぜか、みたいなところも面白かったです。読み終わってからe+やぴあの古田さんと堤さんの対談を読むと、「読み物として面白い」といわれている意味がすごくよくわかりました。

小説を読んでいるんだけど、読み手も主役の誠一郎と同じように始めは「?」だらけ。そして誠一郎が様々な経験や、周りの人々から教えられていく事実に驚いたりするのと同じように、読者も驚いていく、なんだか誠一郎を通して自分も小説の中にいるような感覚でした。




誠一郎の人生についての小説かと思っていたら、それだけじゃない、幻斎の、傀儡子族の、柳生一族の、徳川一族の長い歴史をこの一冊で(かなり大雑把ではあるけれど)知ることができる。歴史的事実と、その裏にあったかもしれないフィクションの部分がきれいに織り交ぜられていて、つい「そうだったのかも」と説得されてしまう感じ。この小説の中で、著者の別の著書『影武者徳川家康』のさわりというか、さらっとした流れまでも語られているので、否が応でも『影武者~』も読んでみたくなるし(笑)他にも水野十郎左衛門が神君御免状という言葉を知ってしまったがために殺される運命、だとか、誠一郎のその後についてもうっすら伏線が張られていて、続編の『かくれさと苦界行』にも興味が沸き、買いました。今は別の本を読んでるからまだ手をつけてないけど、楽しみです♪

ところで、解説の文章で、この物語は今後も続き、益田家が滅びるまで描かれる予定、と書かれているけど、そこまでいかないうちに隆さんが亡くなってしまった、のでしょうか?

そして。
このものすごく壮大な小説を、中島さんがどう脚本にするのか、すっごく気になります!だってあれ全部は無理だから、要所要所だけ取り出すんだろうけど、どこをどう取り出すのかな?と考えると大変な作業だなあ、て。色んな要素が、全て「神君御免状」の謎にリンクしてるから・・・。でもどうやら「誠一郎と義仙の戦い」がメインのようなので、堤誠一郎と古田義仙の立ち回りに期待します!あれ?でもインタビューでは「殺陣は少ない」て言ってるけど・・・?まさかそんなはずあるまい(爆)

さらに、その他の配役にも色々想像力を掻き立てられます。善さんの水野は軽い感じになるのかな?でも水野ってもっとごつい人想像してた(笑)松雪さんの勝山太夫はかっこよさそう☆花魁姿も似合うだろうし、忍びの女の哀しさもうまいだろうなあ。幻斎のイメージは、小説読んでる限りはおひょいさんのイメージではないんだけど、どんな幻斎を創り出すのか。古田さんの義仙はどぎついくらいの裏柳生の長を期待してます!あと・・・面白いのが、じゅんさんの宗冬。宗冬って人を斬ったことの無い、平和主義な人なんだよねえ・・・じゅんさんが、と思うとなんか笑っちゃいそうになるんだけど、どう化けるのか、楽しみです☆
[PR]

by yopiko0412 | 2005-08-05 13:37 | 読書  

<< 『姫が愛したダニ小僧』 ゲキ×シネ『SHIROH』予告編 >>