『野獣郎見参』

BSで放送していたもので鑑賞。
これDVDと同じ映像なんでしょうか?そこが気になるところ。なぜって、これを観ていて、「やっぱり映像だと面白さ減少するなー」と思ったから。今まで新感線のDVD観ててもそこまで感じなかったんですが、今回は強く感じたので、もしかしてDVDと編集違うのかな、と思った次第。
ストーリーとか、演技とかの問題じゃなく、映像の限界だと思いますが、劇場では広い舞台に多くの出演者がいて、みんなが何か演技をしている。でも、映像にするとき、その広い舞台の中から特定の部分だけを抜き出して撮ってるじゃないですか。だから、舞台を観に行けば全体を観たり、メインで喋ってる人以外に目を向けることだってできるのに、映像になった瞬間、強制的に観るところを決められてしまうんですよね。観るところを選択する自由がないというか。
これをすっごく強烈に感じたのが、歌付きの殺陣のシーン。前田美波里さんが熱唱してるのはわかります、だけど、その歌の後で「シャキーン」とか「カン」とか「ビュン」とか効果音が鳴ってて、でも映像に写っているのはスタンドマイクをかっこよく持って歌ってる人・・・今これ後で野獣郎が暴れてるはずなのに!と思うとあまりにも悲しすぎました。

ま、それはさておき。
ストーリーは大好きな「ザ・いのうえ歌舞伎」満載でした(笑)登場人物の名前から、「いばらぎかつらぎあくろおう」の文句を思い出したんですが、いのうえ歌舞伎の芯は同じだということかしら(爆)



堤さんの野獣郎はかっこいい~!そして古田さん、前半のウソ臭いいい人キャラから悪人になってからの凄みがさすが!黒い役がものすごくはまります。褒めてます。
高橋由美子さんはコミカルもシリアスもいけて好きなんです♪SHIROHでも良かったですしね~。
そして細かいところで右近さんが今回は微妙にモテキャラで二枚目だった気がする・・・もちろんコメディ担当ではあったんですが、最後がね、オチないんだ!て(爆)

しかし結局野獣郎の秘密というか、そういうのはなし?ほんとに単に無茶苦茶丈夫なだけ?!(汗)そして野獣郎が美泥(あとから漢字を知ってびっくり。中島さんの付ける役名ってすごく音感と字感を計算し尽くしてる感じで好きです☆)にあれほど執着する理由があんまりわかんなかったかなー。
野獣郎は、丈夫な身体を持ち、無茶苦茶強くて、悪ぶってて、天性の感覚を持ってて、人の心のほんとの部分を感じる(読むんじゃないんだよね)ことができて、しかも自分ではなにも説明しようとしない、だから人々から恐れられる存在なのかなあと思った。彼にはあんまりそういう哀愁は無かったけど。敢えてあっけらかんキャラなのかな。

あ、最後の締め方が髑髏と似てました☆

あと、本編の前にいのうえひでのりさんのトークがあったんですが、これが興味深かったですね~。『SHIROH』が周りにも言われたし、自分でも「未完成」だったから「リベンジしたい」とのこと、是非是非、主要キャスト替えずに、お願いしたいです。あ、でも古田さんがいないと寂しいので伊豆守とか似合うんじゃないかと!!

ちまたでは、新感線の音楽部門&内野さんコラボのライブがあるなんてことを知り(あっちこっちで話題になってるのでリンクはしませんが)、題材がマクベスとのこと・・・ロックでマクベス?来年やるの?ロックミュージカル第2弾なのかな~なんて期待しています。でもSHIROHも是非に・・・!
[PR]

by yopiko0412 | 2005-08-01 17:17 | 演劇  

<< KARA COMPLEX『調教... NODA・MAP『贋作・罪と罰... >>