福山雅治15周年ライブ~風~【長編感想その2】

「その1」からの続き、ここからライブはテンポアップ!!
一応その3までで終わる予定です。がその後また何か書きたくなったら書きますが(笑)

-----

で、そろそろいきましょうか!という掛け声で、「HELLO」から始まるアップテンポナンバーの数々!!待ってました!とばかりにノリノリの客席、知ってる振りも、ましゃの「come on!」とステージからのリードに従ってきれいに決まって楽しい楽しい☆そして古い曲の後は、新しい曲「それがすべてさ」。これ今までサビでの振り(?)どうするのかわからなかったのですが、大きな手拍子でオッケーなんですね、今回の学習その1(笑)続いては「Peach!」だったんですが、私、新潟での記憶で、勝手にアップテンポナンバーの始まりを「Peach!」の特効からだと思い込んでました(汗)だってインパクトありすぎですから~。あのきらきらテープをゲットできる席、いつか体験したいです・・・。新潟では周りの人ほとんどやってなかった「tu tu tu~!」も代々木じゃ当たり前、てことでどんどん客席はヒートアップ!




そして曲の後、ドラムのビートと重低音(あれは何の楽器?)でつなぐ中、ステージは明るい白色照明で照らされ、スタッフがわらわら出てくる出てくる・・・水セットタイム(爆)てことでお待ちかねの水撒きタイム☆まずは「追憶の雨の中」。ましゃのMCでは「僕の始まりの歌です!」初めて聞いた時は、「わぁ、始まりの歌、その響きいいなあ・・・」と表現にじんわりしつつ体はノリノリでした(笑)
このままHEAVENに突入、水撒きシリーズが続きアリーナ前方はすごい盛り上がりで羨ましい!!てかましゃ、また腕力あげましたか?だってコップ、アリーナの2ブロック目まで飛んでたし、左右スタンドインもしてたし!!いやーいつか聖水を浴びれる位置に・・・夢のまた夢??(涙)
なんの曲の時だったか忘れましたが、後半ちょうどギターをかき鳴らした後にピックを客席に投げ、マイクから新しいピックを「ぴっ」と取ってちょっと見てからまたギター弾き出した、あの仕草がなんともいえなく色気がありました・・・細かいなっ自分(爆)

で、今日の私の大きな学習、RED×BLUEの振りがやっとわかりました~!この曲、めちゃかっこいいしノリノリになれるのに、振りがいまいちわからず、歯痒かったんですよ。新潟でもステージからの煽りもよく見えず、周りのお客さんもやってくれないからわからず(涙)でも今回はステージの煽りもきっちり見えて、周りのお客さんも即座に反応してたので、コブシ突き上げきっちりやってきました!楽しい~かっこいい~!
もう一つ、振りで気になったのが「それがすべてさ」かなあ、間奏のとき、ましゃが「イェ、イェ、イェ・・・」て言いながらきをつけの姿勢して右手拳でぴょんぴょん飛び跳ねてたんです。あれアリーナ前方の人たちはやってました・・・スタンドではやってる人いなかったけど、あれもやりたかったなあ。次回こそ♪(いつだろう?)
この流れでやって欲しかった曲、WOH WOW。2002年の史上最大の大感謝祭以来やってないんじゃないかなー?あれ好きなんです、ジャンプの一体感とか、かっこよさとか!

もう一つ最近の曲で「虹」これもねーライブで聴くとすんごい心が落ち着くんですよ。落ち着くというか、ざわざわしてた気持ちが、少し上向きになるというか。空を見上げたくなります。ベタですね(汗)

そして、ラスト、もう一度、15年間の想いを語り、オープニングで歌ったFREEDOM。新潟ではこの時スクリーンに歌詞が出たんですが、代々木ではステージを遠景で映して、ピンスポを浴びるましゃの姿からでした。歌詞を見たかったなとも思いましたが、あの演出もなんだか象徴的で、ツアーテーマだぞ!という意味を持たせるのにいい演出だったと思います。

「その3」に続く
[PR]

by yopiko0412 | 2005-06-01 13:14 | ライブ・音楽  

<< 福山雅治15周年ライブ~風~【... 地球ゴージャス『クラウディア』 >>