福山☆冬の大感謝祭其の十一(初日・二日目)

福山☆冬の大感謝祭其の十一

はい、いつもの通り正式タイトルは以下。

初めてのあなた、大丈夫ですか?
常連のあなた、お待たせしました♡
本当にやっちゃいます! 『無流行歌祭!!』

というわけで。
初日、2日目と参加して、次は31日のライブビューイング。なので、生福山氏は見納め、聞き納め。
そして、この二日の想いをちゃんと書いておこうと思ったので、つらつらと。
ネタばれも当然含みますが別にセトリを書くわけじゃありません。
ただ、曲目や演出やあれこれあれこれ書いちゃいます。その上で自分の想いだったりを書くので完全にチラ裏です。まあこんな辺境のブログなんで大丈夫とは思いますが、そんな訳で、備忘録も兼ねてますので、ここから先を読むかどうかはお任せします。




ここから先、書いてるのは2日目終わった夜中。

ノーシングルライブ、ということでリクエストもそうだしラジオでの事前情報もそうだし、何を見ても聞いてもわくわくしてて。今まで聴けなかった曲が、古い曲だけどリノベーションしたらかっこよくなる曲が、聴けるんじゃないかと。
だから、リクエストも、最近のツアーや感謝祭でやった曲は極力はずして。アルバムもSING A SONG以前のものからに限定して。かなりマニアックに、「今だからこそアレンジして聴きたい曲」を選んだの。
だけど、実際初日に参加してセトリだけに関して言えば、イントロが始まって曲がわかると、「ああ・・・それか」「なぜ今それ?」「この前やったじゃん!」「これもはやシングルくらいの格じゃん!」という曲が多くて、もちろんそれらの曲も大好きだったけど、なんか消化不良だった。

加えて、すっごく聴きたかった曲、リクエストにも入れた「Like a Hurricane」(というか、自分がリクエストした9曲のうちやったのはこれだけだった)が歌詞が大幅に変わってて全く違うものになっていた・・・いや、まあ、本人がいうように内容は一緒なのかもしれないけど、やっぱり違う曲に聞こえるので。
最初3曲聴いた時点で歌詞の改編には相当覚悟した。まさかIN MY HEARTまで変えるとは思わなかったし。この曲、17年モノでやったし聴きまくったので耳馴染みしすぎてたのです・・・。
そんなこんなで、歌詞改編にも驚かされたし、元のままでアレンジだけ変更で聴きたかった、というのも正直な気持ちだった。
ON AND ONなんて2009年に武道館&道標ツアーで散々聴きまくって、あの時既にアレンジ変えてCDにもしたわけで、それをまた今回歌詞変わるともうなんだか・・・。

ながれ星、Beautiful Dayは確かに人気あるかもしれないけど、近年ツアーで歌いまくってるのではずしてほしかった。加えて、後半の盛り上がりパートにまさか絶対入らないと思ってたカオスにHARD RAINに逃げられないっていうのはびっくりしたなあ。

明日へのマーチとDearとsquallについてはもうテッパンだったので、むしろ入ると思ったからリクエストしなかっただけで、入ったのは当然。明日へのマーチに関しては、2011年の振り返りVTRを見たせいもあってか、歌詞読みながら歌いながらなぜか非常に泣けてきてしまった。Dearはイントロが風ツアーの時と同じだったのでああ、きたなあ、と思って。あのツアーのDearの演出が本当に大好きなのでインプットされてるんだと思う。

で、初日ではそんな風に消化不良感を持っていて、同行者ともそんな話をして、でも結局曲は好きだし盛り上がるしするんだけど、でもさ!みたいな堂々巡りな話をしてたのです。
そして2日目。もう曲目や歌詞改編は知ってるから初日のように驚くことはないし、流れを知った上で曲や演出を楽しむと、色んな消化不良感はそれはそれとして、やっぱり楽しくて盛り上がってたのです。

そして、2日目にして進化を感じたり。トークにもちょっと変更があったり、南北のステージの向き方も、初日はかなり南に偏ってたけど2日目は北にも向いてくれたり、改善されてた。
明日へのマーチでラストにジャンプが加わってたのも嬉しかったな♪

面白いなあ、と思ったのは、リクエストランキング最下位で104票しか入らなかったBLUE SMOKYを愛しすぎててアレンジも演奏も演出も何もかもが極上にかっこいい仕上がりになってたこと!ほんとに愛しくなっちゃったんだ~!ていうのが分かりやすかった。それも2日目にはラストに空砲の特効が追加されてたりしてまた愛情増えたなあ、と思った。
ま、だからこそ、この曲くらい、ドカンとインパクト強く、いかにもノーシングルな曲をもう少し入れてほしかったな、とまだ思ったりもします。

ラストの挨拶。
今年2011年は皆さんも多かれ少なかれ、震災とともに歩んできた年だと思う。自分自身も、ツアーが振替になって、11月まで伸びてしまった時、早い段階で、11月下旬までツアーで、じゃあ年末の感謝祭はどうしようか。やらない方がいいのか、そもそも「大感謝祭」という言葉自体どうなのか、など考えた。けれど、年末はいつも感謝祭を開催してきたので、今年家でTV見て過ごすよりも、感謝祭で皆と一緒に、2011年という年を噛みしめながら、新しい年を迎えたいと思ったので、開催することにした。
ただ、Best Bang!を持ってのツアーをやっていたので、何か違うことにチャレンジしたい、と思った時に、ノーシングルライブという新しい試みをすることにしたが、それも、ここにきてくれる皆がいるから、どんな曲でも楽しんで、何かを受け止めてくれると信じているから、その信頼があるから、できたチャレンジです。ありがとう。
こんな感じの挨拶。この言葉は、やっぱりこの1年音楽漬けの年を過ごしてきて、地震があって、ツアー再開して、沖縄があったり福島ライブがあったり仙台ライブがあったり、都度都度発せられてきた想いの集大成なんだろうな、と思った。
初日には、「信頼」してくれるならば、もうちょっとおっきな信頼をしてくれてもいいのにな、と正直思ったんだけれど。曲目的にね。
でも、短い準備期間でこれだけの準備をして、2日目には既に1曲だけだけど、曲の日替わりもあり、演出にも変更あり、手ごたえをすぐに反映しているのかな、と思ったら、自分の中の消化不良を解消する方向になっていった。

新曲については、Around the Worldについてはちょっと祭囃子みたいな調子で面白かった。聴きこんだら色々発見ありそう!まだタオルのうまい使い方がわかりません、ライブでもっと熟成したい曲。

もう1曲の新曲、ドラえもんの主題歌「生きてる生きてく」予告編でちょこっと聴いた感じでこのタイトルと結び付かなかったけど、そして歌の曲調はマーチング調で覚えやすくて子供にも伝わりやすい音だけど、歌詞がとんでもなく深かった。ホットスポットの話題にもリンクする、歌詞だけ見れば最近のメッセージ性の強い曲の一角に名を連ねる曲。アニメの主題歌に、一見するとわかりやすい言葉だけど意味深い言葉を歌詞にしてきたのにはびっくりしたし、この曲が頭の中をぐるぐる回ってます。
曲紹介の時に、ドラえもんの誕生100年前の節目、で、今の時代が100年後のドラえもんの生まれた時代に繋がっている、のと同じように、今の自分たちも100年前、1000年前から繋がっているんだ、という想いです、という話があった。ともすると生誕100年前のお祭りになりそうなところを、違う視点からアプローチしてくるのがこの人のすごいところだな、と改めて思わされた。

そんなわけで、初日、2日目と参加して、色々お話したりもして、このノーシングルライブへの想いも色々入り混じって、でもやっぱり福山雅治という人のすごさだったりサービス精神だったり心配性だったりひっくるめて、この人のファンになってよかった、ともう何万回目か分からない認識を繰り返した。
ただ、自分はなんでもありの盲目的な見かたをしないファンなんだけど、今回消化不良だったとか、色んな疑問も含めて、好きだからこそ色々想いがあるんだな、と思ったり。

来年の予定は今のところほとんど出てないのでわかりませんが、「何かやりますか」なんて言っちゃったのでこれはきっと何か計画してるんだろう、と踏んでます。この人は何もないのに変なことは言わない人だと思うので。

・・・・・と、真面目なんだかなんなんだかわからないぐだぐだを書き連ねた後は、細かいこと箇条書き!

まずは初日の帰り道、携帯でメモしたことをだらーっとそのままコピペ!

ノーシングルという実験的ライブができるのはここに来てくれる皆を信頼してるからこそ。
>もっと信頼してもっと攻めてくれて良かったのに。

くりしましゅプレゼントはスーパードライCM曲「Around the world」アンコールで、手招きしなかったご褒美にドラえもん「生きてる生きてく」
タイトル発表の反応が薄いとダメ出し、やり直し(笑)うまく盛り上がったら、「収録向きな皆さん(笑)」
>そりゃきっちり言うこと聞くさ~!

アンコールはまずアコギで「もっとそばにきて」なんだけど長いことやってなかった理由「これを歌うと会場が手招きするのがおかしくておかしくて無理!」ブーイングしたら「じゃあ歌いません!ちょっと皆どんだけおかしいか見てみたら?」で会場手招き…笑いながら「やっぱり無理です!」
>すったもんだで泣き落としで結果手拍子にさせた(笑)何キャラだかわからなかった(笑)手拍子早さが合わなかったのでやり直し

このもっとそばにきてのくだり、最後は「承知いたしました」の唱和になってた、ミタブームはライブにも!!(笑)

キー変えて女性にも歌いやすく、更にキーが変わるから男性にも歌いやすくしてます!

2000年の振り返り、稲佐山の霧が心配で初めてライブ前日に眠れなかった。

まぼろしと旅人。同じ気持ちを歌った歌。21才の僕を42才の僕がプロデュースする。
>うまいこというね。でも歌詞の書き換えが多すぎてもはや違う歌に聞こえた…(^^;

最下位の曲、「BLUE SMOKY」
>最終演奏、不明で笑ったわ。これも違う歌になってた(笑)

なんか新鮮ですね、イントロが流れて曲がわかると「わ~」て拍手が起こるの、嬉しい、ありがとう。
>確かに珍しい。ノーシングルならでは?

南の出べそまで60m、反対も同じ、だからステージが120m!福山雅治42才、走ります!
>これかなりの距離だったのを最後の挨拶で気付いた。すごい運動量だ~。

また今後のツアーやライブでノーシングルコーナーやっていいですか?ていうかいいよ、ていってもらいたくて、言ってもらえるように今回やったんですけどね!
>うん、だからもっと攻めていいんだってば!


ここから下は、2日目の直後にメモ書きしたもの。重複あるしほんとメモだから備忘録。

セトリ変更は巻き戻した夏がふたつの鼓動に変わった。ここでテンションあがったけど日替わりはこれ以外なし、なんとWアンコも一緒だとはおもわなかったけど・・・。

「生きてる生きてく」のタイトル発表、昨日より確かに盛り上がったけど、「昨日よりいい反応ですね、昨日はタイトルがでたら「あーはいはい」みたいな拍手だったんだけど・・・でも、もう少し盛り上がってもいいんじゃないかな?」でまたやり直し(笑)
かなり盛り上がったあと「なんかすいません、催促したみたいで・・・」て自分でも笑ってた。

ラスト付近で南、北、西の順番で声かけたが東には欠けなかったらブーイングがあったらしいけど、「そっちずいぶんいってるでしょ!」て言ってたしなめてた。登場から退場から東側だもんね。

2000年の振り返り映像、今浪さんのナレが音量アップしてた。

ステージ廻ったのは「明日へのマーチ」と「生きてる生きてく」かな。

村田さんがユーフォニアム吹いてるのがカメラ抜かれてた、その前にもトロンボーンソロが抜かれてたしかなり長い時間演奏してて音がきれいだった。

BLUE SMOKYを愛しすぎたがために、アレンジはもちろん、歌詞もいい感じに変わり、演出もものすごいかっこいいことに!ラストに空砲&スモーク追加されてた!

明日へのマーチのラストにジャンプが追加!

結構南ばかりじゃなく北にも向いて歌ってくれた。アンコールも半分は北。バンド紹介も北向きから始めた。昨日は少なかったからなあ。

Wアンコの最後、マイク通さず口だけで「メリークリスマス」て言ってた!

何の時だったっけ・・・すっごいドヤ顔してカメラにウィンクしてくれた、多分MCで何か言い間違ったとかなんかした後・・・ハプニングの後の臨機応変MC部分ね。

タオル肩にかけて、「これじゃ完全に矢沢先輩ですよね」て言いながらちょっと背中でえいちゃんの動きのモノマネ、でもタオルが肩からずれちゃって「ずれちゃうし・・・」ていいながら戻してた。

2011年振り返りVTRの中の、練習用スタジオとか、24ラジオのための打ち合わせシーンとか、なんかやっぱり色々動いてたんだな、ていうのをちょっとだけ垣間見た。すごい人だ。
かと思ったら「お疲れさマッスル~♪」がアホかわいくてどうしようかと!髪の毛もセットしてないもしゃもしゃで若く見えた!右大胸筋と左大胸筋こんにちは!

まぼろしと旅人、今日はタイトル発表しないで上京当時の歌です、との話。当時の写真は東京で撮ったアミューズのオーディション応募用のスナップ写真に変わってた。昨日は社員証のすっごい若くてきれいな18歳だった。昨日は「こんな若造がなにか売りにきても買う人なんていませんからね~」ていってたが会場が「買う!」て反応したら「あーそういう人をだます人がいるから気を付けて」みたいなこといってた。
上京の時の所持金20万円は今でいう2000万円、これは個人の判断ですから!て笑ってた。そうね、当時全財産だったんだものね。

新曲発表。
昨日は「宇宙初!」て言ってたけど、今日は「ここでしかやったことのない曲」に変わってた~。
二日間とも、「ノーシングルライブですけど、この曲はシングルになりますけど、いいんです、まだ発売してないから!」てドヤ顔(笑)初日は「出産前だから」とか言ってたような。

最後、バンドメンバー送り出しながらのお話してたら、「ノーシングルライブ」を「ニューシングルライブ」と普通に言い間違い。ていうか初日からカミカミ王子だった二日間。
自分で笑っちゃいながら「確かにニューシングルの曲もやったけど、ノーシングル!」て言い直してた。

「もっとそばにきて」の振りの話は、今日はあっさりと「手拍子してくれますか?」に「イエーイ!」だった会場に、「今日は聞き分けがいい、昨日はえ~!(ここの顔が爆笑!)とか言っちゃって聞き分けが悪かったけど、クリスマスの今日のお客さんは聞き分けがいい」と褒められた(笑)

スコールの話で沖縄話がなかったなあ、あれ好きだったのに。

最後の挨拶、20年間活動、のところを「活躍」と言ってしまって観客大盛り上がり、ましゃものってきてひとしきり遊ぶ、最後は大活躍になってた(笑)

次はどんなチャレンジしようか。なんかやりますか?ハワイ旅行、温泉バスツアー、さすがにそんなに入れる温泉はない、わかった、水着大会!いやいや、でもなんかやりましょうか、考えます、決まったら発表します!

出席確認のうどんつゆ、本州の濃い方、薄い方、どちらから、て聞いてた、全般から、ね(笑)
年齢若い人、で映った子供がめちゃくちゃ機嫌悪くて爆笑!

最後の挨拶でお土産のキューピーさんのあえるたらこスパソースを紹介。したあと、じっと見つめて「俺も持って帰ろ!」といってポケットにぎゅーぎゅー一生懸命押し込む姿がかわいかった!ていうかたまに出る「オレ」が大好物なんだな、私!
ちなみに初日は話してる途中でこのたらこがポッケから飛び出したみたいで、それが見えた人だけがざわざわ笑ってて、「ん?何?どした?」と客席に確認、「ああ、たらこね、それはほら、流してよ」とたしなめてた。こういうやりとりもなんか近い感じであったかいよなあ。

・・・・・とここまでくるとほんとにメモ。

最後に。
今もまだ色んな想いがあるけど、まあ結局は期待もしてるし色々聴きたいと思うからこそ、なんだよね。
そして心配性で色んな要望に頑張って応えようとしすぎる福山雅治という人の性が出ちゃったんだろうな、とも思う。その上自分で納得いかないと歌詞全面変えちゃうくらい追求するし。
5日間の公演で、2日目にして既に変化、進化してて、短期決戦での熟成を目指してると思うので、後半戦、そして最終日がどんなことになるのか楽しみ!
31日はライブビューイングでパシフィコと繋がって同じ時間を共有します!!
[PR]

by yopiko0412 | 2011-12-27 01:06 | ライブ・音楽  

<< 平清盛第2話「無頼の高平太」 福山雅治 WE'RE ... >>