劇団☆新感線『鋼鉄番長』

2010/10/9-18:00開演 サンシャイン劇場

サンシャインで新感線で3列目っていったら前2列つぶされて最前じゃ・・・と思ったらまさにその通りでした(笑)
ネタモノを最前で見るってなんだか贅沢なような、笑い死にしろってことか!みたいな。
そして、案の定、あまりのパワフルさと押し寄せる怒涛のネタに声を上げて手を叩いて爆笑して顔の表情筋と腹筋が心地よい疲労感に包まれての終演!

ネタモノの感想はあれこれいうのは無粋ってものなんで、というかちゃんとした感想が出るわけもなく(褒めてます!)。
とにかく全編ネタに次ぐネタ!




日ネタっぽかったのは1箇所しかわからなかった・・・古田さんがリモコンを操作してじゅんさんに「似てない物まね」を強要するところね。私が観た回は、「美空ひばりさん」だった(笑)Sっ気爆発でうれしそーににやにやしながらじゅんさんを放置して、なかなかリモコンを操作しない古田さん(爆)じゅんさん、最後は「もうほんと勘弁してください・・・!!」と疲労困憊。客席からはやんやの拍手!
同じ日のマチネでは、ここが福山雅治さんだったそうで、それはそれで見たかった!

そもそも、パンフレットを買って、鋼鉄番長の方のパンフで写真と役名を見た時点で大爆笑してた私たち。役者陣はみんな気持ちよく吹っ切っての力技!!なるしーさんは1幕冒頭のシーン途中からはーはー肩で息しながらも、膨大な台詞をずらずらと。
田辺さんは前情報ではっちゃける、とは聞いていたけど、はっちゃけっぷりもお見事!そして凄みを利かせる場面では時事役者ネタも交えての悪人顔、後半はもうこの人どれが正解かわからない!というキャラになっちゃって、おかしくって仕方ない!

あ、ネタモノ的には招き猫の中に人がいるのはあれはもうお約束なのかな?(ネタモノ暦浅いのでわからん。)
ジブリからせんとくんからマイケルジャクソンにその他実在の人いろいろ、ネタは尽きないですねえ~いのうえさん!
古田さんの役名はあれもうどうしたら・・・劇団の中の話がこんな形で舞台に乗っかるとは!

パンフレットは、2冊組のケース入り。高い、重い、内容充実!1冊は鋼鉄番長のパンフで、もう1冊は劇団30周年記念本。
AERAのピンクの本と併せて30年の歴史がぎっしり詰まりすぎててまだ全部読めてない。
過去のチラシとか今見てもおかしいやらかっこいいやら!すごい劇団だー!

それと、ロビーで各種DVDとゲキシネの映像が流れてて・・・今までの客演陣のコメントとかも流れてて、それ見てるだけでももちろんいいシーン満載すぎて見飽きない!コメントもいちいち「ふむふむ」と頷いてしまうものばかり。
購買意欲を激しくかきたてられた~。
[PR]

by yopiko0412 | 2010-10-12 22:18 | 演劇  

<< ゲキシネ『蛮幽鬼』 龍馬伝第四十一回「さらば高杉晋作」 >>