新感線☆RX『薔薇とサムライ~GoemonRock OverDrive』

2010/3/20-12:30開演 赤坂ACTシアター

劇団創立30周年記念公演第1弾、五右衛門ロックのパラレルストーリーでお祭りパワー満開のこの舞台、今回はチケットに苦戦して、結局はファンクラブ先行でかろうじて取れた1日分のみ、しかも初日開けてすぐの土曜日。心して観に行きましたが・・・もうーいきなり冒頭から嬉しくて笑顔、楽しくて笑顔、そして鳥肌も出るわ、大笑いするわ、手拍子するわ、おもいっきりお祭りを楽しんできました!!




ストーリーを語るのは野暮だと思うので、つらつらと!
・開演1時間前に劇場周りをうろうろしてたら、普通にロビーでアップ中の役者さんが。まだジャージ姿。でメタルさんとばっちり目が合ってしまいました。すぐ立ち去った(笑)
・と思ったら、目の前をいのうえさんが普通に蛮幽鬼のパーカー着てすたすた歩いてく。開演まで時間ないよ?どちらへ?
・ちなみに、まだ初日開けたばかりなのに、当日券の列は長蛇の列!私も今回は当日券にチャレンジしようかなあ。
・開場後のロビーではグッズ売り場の行列がすごかった。必要なものをがしがし買った。バラサムTシャツのデザインがかっこよし。でも買わなかったけど。ロビーの一角に、ポスター2種類の原画がパネル展示してあって、かっこよかったー。
・そして開演。やはり天海さんの存在感たるや!予告通りのコスプレ満載で眼にも美しく、楽しく、緩急の演技と伸びやかな歌声、明朗な語り口、きれいな身のこなしの立ち回り、絵になるなあ、舞台に映えるなあ、という夢心地♪
・コスプレでお気に入りはやっぱりジョニー・デップ似の海賊姿と、2幕の戦いのあとの救護所での衣装かな。途中の舞踏会も、前半のボリュームのある衣装より、びりびり破ったあとの衣装がステキ!
・対する古田さんはこれまたどっしり安定感のある五右衛門。あの布団衣装は健在(爆)それにしても、上体の大きさに比べてとてもスリムで美しいおみ足に惚れ惚れ(笑)
・豹之進は途中まで誰だっけ?と思ってた・・・ごめんなさい、配役表見れてなかったのよー。そしてゲストが多すぎでちょっと太郎君のこと忘れてたのよー。でもわかってから見るとやっぱり太郎君らしかった!そしてあの役ってば新感線ではお約束なのよね。というか、今回お約束王道まっしぐらなんでどの役もそうなんだけど~。
・なので、もう一人お約束な役にゲスト、浦井君のシャルル王子。バカ王子って王道のお約束キャラだけど、浦井君のキラキラ具合が見事にマッチ!愛らしくてステキな王子様!サンボちゃんに微妙に裏切られつつ、最後までアンヌを慕う姿勢を貫いてかっこよさも!歌はさすがの上手さで聞かせてくれました~。
・大物ゲストは藤木孝さん。髪型がちょっと面白いことになってました(笑)威圧感がすごくて圧倒された!分かりやすい悪役に、あの切れ味鋭い表情と声がはまってて、ぴりっと舞台を締めてくれました~。右近さんとの歌声バトルとか楽しい!!カーテンコールでの満面の笑顔が印象的!!
・森奈みはるさん、すっごい絶妙の間でコミカルからシリアスまで幅広く、歌声も響き渡ってすばらしい~♪エリザベッタのストーリー上の立ち位置と目線が実は観客の目線にもなってた気がします。
・沙耶香ちゃんは、舞台ではお初。最近ミュージカルで揉まれてるからか、堂々としてた~。かわいい従順なお嬢様とちょっと世の中を斜めに見て、自分のことを冷静に見て、でも家族のことも大事に思ってる感じも、上手く出てた。
・じゅんさんは・・・ず、ずるいよっ!!コスプレは天海さんだけじゃなかった!!(爆)乙女の心を持った海賊、キモかわいい~!!後半、通路から出てきたときに、目の前にコスプレじゅんさんがいて大爆笑!!!
・粟根さんはなんか一番ずるっこい人だった気がする~。分かりやすい悪役、分かりやすい敵だけど味方になる人、がいる中で割りとわかりにくく地味~に悪役(笑)ある意味美味しい気がします。みはるさんとの掛け合いも絶妙!!
・聖子さんも分かりやすい悪役。そして結構コスプレ祭だったー。最後はなんと尻ヅラから弾丸発射!てどんだけ~(笑)
・みんな髪の後ろにリボン付いてるんだけど、右近さんのだけ、妙にでかくて衣装と同じ紫のキラキラでかわいかった♪
・五右衛門の無理やり変身の術が健在!2回も!(爆)浦井君までも!右近さんのは前回からの踏襲で、亀甲縛りにされた右近さんも出てくる同じ流れ~こういうの嬉しい!
・同じといえば、「続・五右衛門ロック」という曲が前回の五右衛門ロックを踏襲しててもう拳振り上げたくて仕方ない!
・そしてこれがないと!な名乗り!今回は五右衛門とアンヌ二人の名乗りと見得シーンでしたが、かっこいいよっ!!!
・今回の舞台はセット少なめでその代わりこれでもかって程の透けるLEDを多用、背景ももう書割じゃなくLEDで映像・・・ただ、単なる背景としてだけじゃなく、例えば遠眼鏡で見てるものを表現してみたり、ドアそのものをLEDにしてみたり、客席使った場面の映像をLIVEで映したりと、新しい使い方満載。いのうえさんの頭の中ってどうなってるんだろう・・・?そしてそれを実現しちゃうスタッフのパワー!
・バンドメンバーは左右に分かれて2階部分、そこもLEDで隠されたり透けちゃったり、そのバンドスペースも演技スペースに使っちゃったり、自由度高いなあ。
・殺陣のシーンでは川原さんの殺陣がいつも通り流麗で目を惹く!!

ちょっと色々ありすぎて全部見切れてないし、見たけど書き忘れてることもいっぱいありますが、とにかく最高のエンターテインメントをお腹いっぱい味あわせてもらいました!楽しかった!もっと見たいぞ!!
そして、秋の鋼鉄番長もものすごーく楽しみです♪
[PR]

by yopiko0412 | 2010-03-27 01:40 | 演劇  

<< 龍馬伝第十一話「土佐沸騰」 染模様恩愛御書-細川の血達磨- >>