劇団☆新感線『髑髏城の七人』(アカドクロ)DVD副音声

去年の劇団☆新感線のドクロ祭り第一弾、『アカドクロ』DVDの副音声バージョンを観ました。て、DVD自体はだいぶ前に買って本編もしっかり観たんですけどね、副音声はちゃんと聞いたの初めてかも?
相変わらず盛りだくさんな副音声、だって古田新太・水野美樹・佐藤仁美・坂井真紀・佐藤正宏ってすごいメンバーですっかり普通の楽屋トークかと思うようなおしゃべりを聞けるんですから!でも、本編の画面がいい場面だとついつい私の眼と耳は本編の方に釘付けになっちゃってました(^o^;でもでも、副音声の人々もつい画面を見ちゃうようで、時々言葉が途切れるのがまたある意味面白かったり(笑)だってあの映像見ながら喋ってるんですものね~。



それにしても、フリートークでほったらかしな副音声のせいか、みなさん言いたい放題でしたね~。キーワードは「臭い」「磯平」「ホモ井」「泣く」て感じでしょうか(爆)楽屋での坂井真紀さんのテンションの上げ方とか、梶原善さんの裏話とか、ここでしか聞けない話ににんまりです。水野美樹さんも普通のトーク番組だとなかなかあの面白いキャラを出せないみたいですが、仲のいい共演者とのトークだったせいか、突っ込みしたり、かなりキャラ前面で面白かった(*^^*)あと、古田さんのことをみんなして「おとうさん」て呼んだり(笑)アカドクロの捨之助は、確かに沙霧にとってどっちかというとお父さんでしたけどね~。古田さんも、アカドクロ関係のインタビューでは「父性を表現することができた」て言ってましたし、まさにそのまんま☆

あとリアルだなあ、と思ったのは、古田さんじゃない時の天魔王は肉襦袢を着ている、というのが、ああそこまでちゃんと計算してるのね、て思ったり。贋鉄斉のシーンの背景の絵は点描で立体感を出してるんだ、て細かいなあ、とか。小道具担当のインディ高橋さん話とか(笑)
こういう副音声の特典は、大歓迎です!だって私たちにはわからない舞台裏のお話がこんな風に生の言葉で聞けるんですから、ますます舞台ってナマモノなんだな、て実感できます。

えーと、アカドクロ、アオドクロについてはそれぞれ感想も書きたいし、比較もしてみたかったりするんですが、観てからだいぶ経ってるのもあるので、アオドクロのDVDが出てからじっくり書こうかなあと思います。あーでもアカについてはまた本編観たくなったので観ちゃうかも、そして観たら絶対書きたくなるので書いちゃうかも(^o^;

【2005/3/30追記】
そういえば、このDVDの隠しボタン、てどうやったら見れるんだろう・・・?
[PR]

by yopiko0412 | 2005-03-29 23:49 | 演劇  

<< 『ブリジット・ジョーンズの日記... 『お父さんの恋』 >>