FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2009 道標 in YOYOGI

2009/9/23-18:00開演 代々木第一体育館

長い夏、というか、武道館での季節はずれの感謝祭からの数か月、走ってきたましゃライブ。
私の、ラスと道標、でした。
とりあえず、興奮のまま、覚えている限りのことを並べてみたら、やっぱり長い(汗)
総括、ていうか、色んな考えたこととかはきっと次の大仕事が動き出したあたりでまた語るだろうと思いますが、興奮をそのままに・・・。




・開場入ってびっくり、花道の形が、違ってる!それが、まさかの伏線とは・・・。
・2階スタンド後方だけど、花道の端は結構近いかも?
・キラーバージンロードの予告編はなくなってた。公開したからかな?
・オープニングは、群青。この時点で身体に震えが。
・あーやっぱりライブって、ライブって。唯一無二。
・立て続けのナンバーはいつもの通り。「HELLO」のギター振りとか、笑顔とか、きらきら、かわいい!「それがすべてさ」での最後のとび蹴りかっこいい!花道練り歩きもしっかり見える~。
・ただいま!の声にうれしくなる。おかえりー!
・最初のMCで「今日は古い歌、新しい歌、とにかくいっぱい歌います!」と宣言。「こうしてる時間すらもったいないくらい、とにかく時間の許す限り、歌うんです!」「道標ツアーの集大成」とも。
・で、いつもの「福山のコンサートに来たらこの曲」というMCはなく、いきなり代表曲バラード2曲。
・恒例の出席確認、では、「日本全国からお越しいただいてると思うんで・・・そこは省略します。」ということで、簡単に、ライブ参加有無、性別、若い人(笑)で終了。
・そして、「残響」アルバム一等賞の御礼を、きっちり。「化身」シングル一等賞の御礼を、きっちり。10作目の1位は、男性ソロシンガー3人目、シンガーソングライターでは日本初!の説明もきっちり(笑)
・そんな、残響から4曲。
・「survivor」はツアーでどんどんかっこよくなっていった気がします。太い音が力強い。
・「phantom」は代々木の反響が合ってなかったみたいで、バンドの音に歌声が押され気味・・・もったいない。でもあの演出はしびれます。
・「幸福論」で一気にかわいいラブリーモードに♪スクリーンの映像が、お散歩するカップルから、葉っぱが樹になってくアニメーションに変更。ここにきて、まだ進化する~!
・「ながれ星」のイントロだけでなんか世界観がぐっと変わるんですよね、あの独特のほんわかした音が。CDでは尺八だったけど、ライブでは結局何の楽器使ったんでしょうか?

・と、ここのMCで、花道の話に!「これは、稲佐山の花道と同じ形なんです。ということは、この花道で、あの、あそこでしか聴けないと思っていた、稲佐山メドレーを歌いたいと思います!」と宣言した瞬間の、会場の反響がすごくって!私も、「まさか、まさか!」と心の中で繰り返し、本当にまさかの稲佐山メドレーin代々木!「右手に渋谷駅、左手に渋谷公会堂、この道はさながら滑走路」てまたユーミンのパクリやってた(笑)会場の歓声の大きさにびっくりしたのか、「え?なに?みんなそんなに待っててくれてたの?うれしいなあ♪」とほんとに素っぽく驚きと喜びを表現してたましゃ。あの稲佐山の感動がね、蘇るなんて、思ってなかったから!
・そうして、T字の花道の中央に立ったましゃ。「おー、やっぱり近いね!」と言ってまた四方を囲まれてぐるーっと手を振る(笑)面白いくらいに反応する観客。
・稲佐山メドレーは、「Fellow」から。稲佐山でもそうだったけど、どうも1和音目が入りにくいのか音が合わなくて、すぐさま修正するんですよね、なんだろう?癖?
・稲佐山では、まさに「自然サンキュー!」だった、夕暮れ時のメドレー。今回は、照明が素敵な演出を加えてくれました。夕日色のやわらかいスポットの中で歌うましゃ。稲佐山メドレーの曲は、どれもこれも、昨今のましゃの言葉や色んなエピソード、そして自分のことを思い出したり、考えさせられたり、元気付けられたり。「遠くへ」は横浜アリーナでのライブでも語ってたし。長崎と、横浜、両方を想起させられる。
・「旅人」の爽快な、未来へつながるナンバーで稲佐山メドレー終了、いい流れ~。

・そして、ここからは道標ツアーメニューへ戻って、アップテンポゾーンへ☆
・ワインレッドのロングコートを着て客席を煽り、タオルも持って。会場のタオル率が高い!ことに喜ぶましゃ(笑)でも、そのタオルを使う曲はこの後まだやりません、後ほど、ということで(爆)
・インストは今日はどっちかなーと思ってたら、「VS」の方でした~。「99」にちょっと期待したんだけどなあ、どっちもかっこいいけど、生で聴けるチャンス的には「99」の方が少なかったわけですね。
・で、今日の「Peach!」はOバックに「Peach!」の文字と、「大江戸」の文字(笑)煽りに煽りまくって銀テープもキラキラ、会場の一体感もどんどん上がり、曲が終わると・・・尻ヅラの下に、金のクス玉が・・・(汗爆)ギターのおぐちゃんに引っ張ってもらい、出てきたのは「代々木最高!」の垂れ幕。ほんっとに最後まで気を抜けない、何かしらネタを仕込んで、リピーターにも楽しんでもらおうという気概をこれでもか!と発揮してくれるチーム福山・・・ありがとう!
・そして尻ヅラは床に落として(笑)次なるGang★ではセクシーにセクシーに歌い・・・そしてまたとび蹴り!
・名古屋あたりで変更になってたとうわさの、HEAVENのところに新アレンジのRED×BLUEが入って・・・このアレンジ、かっこいいんだけど、まだ稲佐山から2回目で慣れないから、どこで拳なんだかまだ覚えきれないのが悔しいなあ。
・「始まりの歌」前の紙コップ飛ばし、結構飛ばしてたなあ。SS席への第一投は席まで届かずしゃがみこんで凹んでて・・・おぐちゃんとジョージに心配されてた。かわいい(笑)で、仕切りなおしの第二投は慎重に、席に投げ込み、なんかつぶやいてたけどマイクなくわからず。
・で、ジャンプしまくり「追憶~」!「化身」でやっとタオル登場、炎もここで登場、暑いしタオルで風は起こるし、なんかものすごいことに!「想」ではウィングハート飛ぶ中、「行く時は一緒」「行き先は一つ」で一体感最高潮の会場!
・まだまだいくやろ!といつもの煽り。もう1回、でっかい声をこのステージに届けてください。「明日の☆」で一瞬間を空けてくれたので、会場全体で一緒に「SHOW!」とタイトルコール、その直後のうれしそうな笑顔が忘れられない!私もうれしくて仕方なかった!このツアーで培ってきた、一緒に育ててきたこのメニューが、結実したんだなあ、と。
・そして、本編ラストの「道標」へ。稲佐山で聴いた、道標。稲佐山へ行った後に、自分の地元である代々木で聴く、道標。同じだけど、違う、違うけど、同じ。年越しのライブで世界初演奏してから、ずっと、この20年目を支えてきた、道標は、やっぱり幾重にも深みを増して、響いてくる。そして、ツアーが終わっても、きっといつまでも響き続ける。残響。

アンコール待ちは、スポットライトの誘導でウェーブ!しかし・・・代々木の形状で、しかも360度客席で、アリーナ席も微妙な配置で、正直きれいにきれいに揃ったウェーブは難しかった。でも、ましゃのお手振りウェーブはきれいなんだな、これが(爆)

・アンコールは、もちろん、「もっと~もっと~!」「Kissして!」てことでここでもタオル登場♪Kissして!部分も慣れたもので、1回目からカメラ越しに「グー!」をもらう。ラストは、4timesではなかったけど、でっかいジャンプ!でみんなで〆☆
・今日も「とっっっっっっっっっっってもKissが上手だった!」とお褒めの言葉♪
・そしてもう1曲、長崎から上京して22年、長崎を出たときの思いを歌った、この夏の大切な思い出の1曲となったという、「18」。
・ラストは、「最愛」星空をバックに、そして一滴の水滴から拡がった花たち、笑顔の写真。この演出を初めて見た時の感動、年末の感謝祭での演出の感動、そして稲佐山での演出の感動、色んなものが思い出される。

そうして、楽しいライブは終わりを迎える。最強の、最高のバンドメンバーを紹介するましゃ。今日、代々木でまた、新しいメニューをするにあたり、どうなることかと思っていたけれど、暖かい声援、拍手に支えられて、とてもいい感触を、自信を得ることができたと、また感謝を表してくれる。何度も。この自信を持って、残りの公演もやっていきます、と、決意表明。
バンドメンバーとの分かれも名残惜しそうに。
そうして、一人ステージに残ったましゃに降り注ぐ拍手は、手拍子になり、ましゃも表情が変わる。

「なんかまだ元気ですね~。でも、も~今日はいっぱい歌ったから。ねえ。」
なんて言いつつ。
「まだやるんですか?」「ほんとですか?」
と確認(笑)最後には
「ここからは別料金になります!(爆)」
なんて変声で言ってみたり~。
「まあ、でもね、今日は新メニューの自信をもらったし、Kissもうまかったしね・・・。わかりました、もう1曲やらせていただきますっ!」
でその後はいつものなんか文句言ってる風な口パクパク~から笑顔へ!
みなさんが、良く眠れるように・・・「Good Night」
全身で、感じる、ましゃの歌声。最後の、「おやすみ・・・Good Night」というちょっとしたアレンジも、うれしい。

そして、代々木について、ましゃの想い。
初めてのライブは、Egg Manという小さなライブハウスだった。ミュージシャンの間では、そこから横断歩道を渡ると、渋谷公会堂(今はCCLemonホール)、さらに渡ると、NHKホール、そしてさらに渡ると代々木第一体育館、そこへ辿り着くのが、みんなの夢だった。
自分も、始めたころは、まさかそれが叶うとは思っていなかった。信号は赤のままだと思っていた。それが、いつのまにか青になっていて・・・ここまでこれた。まあ、途中横浜に行っちゃったりもしたんだけど、でもやっぱりここへこれて、ここも、大好きな会場です。
それも、アルバムの一等賞も、やっぱりこうして会場に来てくれるみなさんが、自分が思いもよらないところまで連れてきてくれるから。思ってもみないところまで連れてきてくれて、本当にありがとう。

横浜アリーナへの想いも。
長崎への想いも。
代々木への想いも。
ライブそのものへの想いも。
いつでも、ぶれることはなく、そして真正面からその想いを語る真摯さ。
そんな人だから。
エンターテナーとしての全力も。
アーティストとしての全力も。
そして、俳優という仕事への全力も。
いつでも、こちらも全力で迎えないと、恥ずかしいんだと思います。

こちらこそ、
「ありがとう
また逢いに来ます
またやってくれるまで待ちます
2009年夏」

明日(というか今日)、道標ツアー、大ファイナル。
代々木からの、最高の報告を、楽しみにしてます。
[PR]

by yopiko0412 | 2009-09-27 02:17 | ライブ・音楽  

<< 劇団☆新感線『蛮幽鬼』2回目 長崎で、平和を想う >>