めざましTVでドリカム特集

30日のめざましで、ドリカムのミニ特集がありました。
これ、オンタイムで見なくてよかった・・・だって、録画を夜見たんだけど、号泣してしまって・・・朝の化粧後に見たら無理!顔的にも(笑)、気持ち的にも、出勤できない!状態になってたので~。



今回は、だいぶ前、5月のさいたまスーパーアリーナにしか参加できなかったんだけど、やっぱりもう一回参加したかった、というのはいつもの想い。
神戸でのライブ映像を見ると、ぶわっと拡がる、ナニカ。
美和ちゃんの声、つらそうなんだけど、でも力強い。透き通る。突き刺さる。心を撫でてくれる。
「a song for you」が始まりなのは、アルバムツアーだからもちろんなんだけど、まささんが言ってたように、久々の「フルライブ」で、今の美和ちゃんがこの歌に込めた想いっていったいどれだけの重みがあるのか・・・それを受け止める私たちも、その想いを噛み締めながら、それぞれの想いも重なる。
だから涙が溢れるんだ。
「何度でも」のラストのアカペラアドリブ、さいたまでもやられた。
神戸のそれにも、やられた。
「絶対、諦めない!」
その一言に。
もうなんだか分からないほどに、涙だけが止まらない。

まささんと手をつないで、はにかみながら、「みんなの前で歌えて、ほんとに良かった」と語りかけてくれる、美和ちゃん。
さいたまで、最後の、ホントの最後、「みんなに名前を呼んでもらって、それを聞いたら、この声に歌わせてもらってるんだな、と思った」をまた、思い出す。
私たちが、美和ちゃんの歌に泣いたり、笑ったり、救われたり、していると同時に、美和ちゃんも、色んな人たちに支えられていて、その支えのほんとの端っこでもいいから、私たちの声が、その一端を担えているのかな、という想いを抱いて、その無限大の相乗効果が、目に見えないけれど、確実に存在していることを実感しています。

そういえば、今回もあまり流してくれなかった新曲「その先へ」。
この前このコーナーで一部を流してたけど、その時もその部分だけで泣けた。
「暗闇の その先へ 跳べ!」
8月11日には、「救命病棟24時」で聞いて、きっとまた泣くんだ。
しかも、『その先へ』初回限定版には、今回のツアーでの、ドリカム20周年特別タイムマシンメドレーのライブ音源が入ってる・・・て!!!!!
これまた、聴いたらライブ思い出して号泣しそうな・・・一緒に歌って踊りたくなるような♪

美和ちゃん、まささん。
いっぱいの幸せと愛と感動と楽しさと笑いと・・・とにかく、色んな感情を引き出してくれる二人に、おっきなおっきな感謝を送ります・・・。
[PR]

by yopiko0412 | 2009-08-01 00:46 | ライブ・音楽  

<< 六月大歌舞伎『門出祝寿連獅子』 アマルフィ~女神の報酬 >>